『二月の勝者』劇中で流れる“応援歌”の秘密に「カワイイ」「感動」の声

TV 公開日:2021/12/17 16
この記事を
クリップ

俳優の柳楽優弥が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(毎週土曜よる10時~)が615日、アメーバオフィシャルブログを更新。劇中で流れる“応援歌”の秘密を明かした。



本作は、累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作。主人公は、激変する受験界に舞い降りた、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(柳楽優弥)。「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」「子供を合格に導くのは、父親の経済力と母親の狂気」など、過激な言動で波紋を投げかけ、常に周囲を圧倒する。果たして、彼は受験の神様か?それとも…。「絶対に全員志望校に合格させる」と断言する黒木による、中学受験塾を舞台にした人生戦略ドラマ。


この日、「エイエイオー(拳の絵文字)」と題して更新したブログ。絵文字を交えながら「がんばれがんばれ受験生 負けるな負けるな受験生 ファイトファイト受験生 エイエイオー」と劇中に流れるかわいい子供たちの声について、「本当に桜花の生徒たちが歌っています」と明かした。


最後は「たくさんの人の応援歌になれば嬉しいです」とコメントし、ブログを締めくくった。


この投稿にファンからは「みんなの声カワイイ」「感動」「かわいい声」「ドラマ見て可愛いなと思ってました」「あのフレーズ大好きで心の中で唱えることがあります」「オレへの応援歌にもなってます!」「頑張ります!!」や、「みんな合格できますよに!!」「最後まで応援してます!!」「みんな!!『エイエイオー』!!!!」とエールの声も寄せられている。



『二月の勝者-絶対合格の教室-』最終回は、2021年12月18日(土)よる10時~放送。新年を迎えた桜花ゼミナール。二月の受験本番までいよいよ残り一カ月となり、本命校の受験前に予行演習として「一月受験」をする生徒たち。受験会場前では佐倉(井上真央)や桂(瀧内公美)に見送られ、緊張しながらも次々と会場に入って行く子供たち。黒木(柳楽優弥)は、島津(羽村仁成)が急遽受験することになった学校へ応援に応援に駆けつける。可能性は五分五分のチャレンジ校ではあったが、黒木はそこで目にした島津の精悍な姿に合格を確信する……。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)