小関裕太がエンドレス・ハグや苦悩のシャワー、佐久間由衣と「韓国ドラマあるある」熱演

TV 公開日:2021/12/16 6
この記事を
クリップ

佐久間由衣小関裕太が“韓国ドラマあるある”を熱演するチャミスル新WEB CM『恋スル!チャミスル』が12月16日(木)より公開される。



韓国焼酎(ソジュ)ブランド『チャミスル』のプロモーションの一環として、韓国ドラマお馴染みの定番シーンや演出をふんだんに詰め込んだ新WEB CM『恋スル!チャミスル』が、2021年12月16日(木)よりチャミスル公式YouTubeチャンネルで公開。本ムービーは「定番、チャミスル」をコンセプトに掲げ、ブランドキャラクターである俳優の佐久間由衣に新たなキャストとして小関裕太が加わり、日本でも人気の高い韓国ドラマの“あるある”シーンを熱演。思わず共感するような様々な定番シーンを通して、韓国でのお酒の定番であるチャミスルの魅力を伝えていく。



俳優の佐久間由衣と小関裕太が、全10シーンを通して、彼女の涙を親指で拭う「親指ワイパー」や、母からの突然の電話「オモニ・ブロック」、酔った帰り道で彼に「おんぶタクシー」されながらの「うっかり告白」、彼がシャワーを浴びながら思い悩む「苦悩のシャワー」など、様々な韓国ドラマ“あるある”シーンを熱演。さらに、「全力スローモーション」や、「エンドレス・ハグ」など、映像演出面にも”あるある”をふんだんに詰め込んだ。全15種の韓国ドラマ“あるある”を入れ込み、韓国ドラマファンの方はもちろん、普段あまりドラマを見ない人でも、楽しめる内容に仕上がっている。


<佐久間由衣 コメント>

今回のCMは、前回とはまた違った「韓国ドラマあるある」をテーマにしたドラマ仕立てになっていて、私も韓国ドラマをこよなく愛する身として、「あるある!」とツッコミながらも、憧れの韓国ドラマの世界を思いっきり楽しまさせていただきました。そして韓国ドラマの一番のあるある大定番と言えばチャミスルで、乾杯ですよね!韓国語交じりのセリフは難しかったのですが、今回の共演に、以前映画で恋人役だった小関さんとご一緒させていただけたこともとても心強かったです。ぜひご覧いただけると幸いです。


<小関裕太 コメント>

チャミスル新CMにて、韓ドラあるあるに出演させていただきました。事前に監督から受け取った韓流らしいアイデアをお芝居に組み込んだり、スタイリストさんとメイクさんと話し合って寄せに寄せた韓流感と、ちょくちょく挟まれる韓国語がくすっと笑える見どころとなっています。韓国出身の方から直に学んだ韓国語も必見です。このCMを見て、韓ドラファンの皆様に「あるある(笑)」と言っていただきたいです。


▼新WEB CM『恋スル!チャミスル』


■新WEB CM『恋スル!チャミスル』

2021年12月16日(木)

出演:佐久間由衣、小関裕太


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)