藤井道人監督、綾野剛が『新聞記者』役作りのために行った“驚愕のエピソード”語る

TV 公開日:2021/12/14 10
この記事を
クリップ

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、制作会社スターサンズと共に企画製作するNetflixシリーズ『新聞記者』を、2022年1月13日(木)に全世界同時配信される。この度、本作のフィーチャレット映像が解禁となった。


2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画『新聞記者』。近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれる衝撃的な内容とスリリングな展開、スタイリッシュな映像で第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。そしてこの度、衝撃の問題作がさらにスケールアップし、全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語であるNetflixシリーズ『新聞記者』が2022年1月13日(木)に全世界同時配信となる。


“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星と、豪華キャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人が務める。

【関連】Netflix版「新聞記者」米倉涼子 綾野剛 横浜流星らの場面写真一挙解禁、映画版の世界観も


この度、配信まで1カ月と迫ったNetflixシリーズ『新聞記者』について、映画版に引き続き監督を務めた藤井道人が本作に懸ける思いや、衝撃の問題作に体当たりで取り組んだ俳優陣への思いを語るフィーチャレット映像が解禁。今回解禁された映像で、映画版からNetflix版への続投となった藤井は「自分自身が政治に詳しくないし、新聞も読んだことがなかったから、どうやったらこの作品がエンターテイメントとして伝わるか考えました」と、より制限のない表現方法で登場人物たちの人間関係やドラマに踏み込んだと語る。

本作で不屈のジャーナリスト魂を持つ新聞記者・松田杏奈役を演じた米倉涼子については、「今まで見たことのない米倉さんだねと言ってもらうことが何よりも嬉しい」と日本を代表する大女優の新境地の熱演を賞賛。そして現在放送中のドラマ『アバランチ』や大ヒットした『ヤクザと家族 The Family』に引き続きタッグを組む綾野剛には「すっごくストイックな映画アスリート」と全幅の信頼を寄せ、本作では、精神的に追い込まれていく若手官僚・村上真一を演じるための驚愕のエピソードも披露。

また、Netflix版で新たに取り入れられた“市井の人”の目線を担う重要な役柄である就活中の大学生・木下亮役の横浜流星を「実直な映画人」と評し、十代から横浜をよく知る藤井ならではのコンビネーションで等身大の人間ドラマを作り上げた。さらに吉岡秀隆寺島しのぶという映画界屈指の実力派たちの確かな演技力が、観るものの感情を揺さぶる物語へと昇華させる。

そして、藤井組の映像美を支える撮影監督の今村圭佑も登場。映画やドラマ以外にも米津玄師の『Lemon』のMVなど、話題の映像作品を多数手掛ける今村は「特別な技を使うんじゃなくてお芝居が一番見えるところにアングルを切る。どうしたいって思ってるかっていうのが見える画が一番の映像美」と『新聞記者』の世界観を強く印象付ける映像作りへのこだわりを明かした。日本を代表するキャスト・スタッフ達が作り上げた本作に、藤井も「世界に配信される時に演出とお芝居と画の力では負けたくないっていうのは意識しました。やりきったと思います」と作品の完成度に自信を覗かせ、映画版よりひとりひとりの人間を多面的に掘り下げる全く新しい物語へとアップデートしたNetflix版『新聞記者』への期待が高まる映像となっている。

Netflixシリーズ『新聞記者』は、2022年1月13日(木)、Netflixにて全世界同時独占配信。


■Netflixシリーズ『新聞記者』

2022年1月13日(木)、Netflixにて全世界同時独占配信
監督:藤井道人
出演:米倉涼子 横浜流星 / 吉岡秀隆 寺島しのぶ / 吹越満 田口トモロヲ 大倉孝二 田中哲司 萩原聖人柄本時生 土村芳 小野花梨 橋本じゅん でんでんユースケ・サンタマリア 佐野史郎 / 綾野剛


▼Netflixシリーズ『新聞記者』フィーチャレット映像

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

この記事に関連するコメント

プーチャン @putyan 1月17日

藤井道人監督、綾野剛が『新聞記者』役作りのために行った“驚愕のエピソード”語る | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/fIjxmkFZ5A “驚愕のエピソード”語っていませんが?