『逃亡医F』安田顕が天才研究者役「ヒールとして、役を全うできるよう取り組ませていただきます」

TV 公開日:2021/12/13 7
この記事を
クリップ

2022年1月15日(土)スタートの新土曜ドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)。成田凌演じる主人公 藤木圭介の恋人と共同で脳の再生に関する研究を行っていた世界的な薬品開発研究者 佐々木世志郎役に安田顕が決定した。


【これまでに解禁された森七菜らキャストと役紹介はこちらで】



本作は、成田凌が恋人殺しの濡れ衣を着せられ、逃亡する天才外科医・藤木圭介を演じる“サバイバル・ドクター・エンタ―テインメント”。

【詳細】1月期新土曜ドラマ『逃亡医F』に決定、成田凌がプライム帯連ドラ初主演


このたび、ミステリアスな雰囲気をまとった役衣裳の姿とともに安田顕の出演情報が解禁。安田顕演じる佐々木世志郎(ささき・よしろう)は、新薬開発の分野では世界的に有名な天才研究者で、バイオベンチャー企業「バイオネオ」のフェロー(研究者)。医療・製薬業界のみならず政財界や警察にも太いパイプを持つ。自らの頭脳で医療を変え、世界を照らし、人々を導くことを目的に掲げている。


松岡昌宏演じる八神拓郎や警察とは全く別の側から藤木を追い詰めていく役どころについて安田は「ヒールとして、役を全うできるよう取り組ませていただきます。」とクランクインへ向けての意気込みを語った。そのほかの登場人物、キャストについては今後随時情報解禁予定。


<安田顕 コメント>

脚本を拝読し、飽きさせないストーリー展開にわくわくしました。ヒールとして、役を全うできるよう取り組ませていただきます。成田さん、松岡さん、森さん始め、出演者の皆様とお芝居できることが今から楽しみです。毎週続きが楽しみになるドラマです。是非、ご覧ください。


【イントロダクション】

天才的なオペ技術をもつ脳外科医の藤木圭介は、ある日、恋人を病院の屋上から突き落として殺したという濡れ衣を着せられ、指名手配犯となってしまう。恋人の死の真相を究明するために地位と名前を捨て、「鳴海健介」としての逃亡の日々が始まる。追っ手から逃れるうちに、藤木は様々な理由で医療を必要とする人々と出会う。満足な道具も設備もない中で、逮捕されるリスクを負いながら、それでも、藤木は目の前の命に手を差し伸べる———。



■『逃亡医F』

2022年1月15日(土)よる10時スタート
原作:『逃亡医F』( Jコミックテラス刊)原作:伊月慶悟・作画:佐藤マコト(『サトラレ』ほか)

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。