石原さとみ チャーミングなかわいさ炸裂、新CMで”バンドデビュー”

TV 公開日:2021/12/10 14
この記事を
クリップ

NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMサービス「OCNモバイルONE」は、イメージキャラクターの石原さとみが出演する新TV-CM「OCNモバイルONE」登場篇(15秒・30秒・60秒)を、12月10日(金)よりTVとWEBで放映開始する。



本CMの見どころは、次々に登場する、石原のくるくる変わる表情だ。バンザイをして歓喜したり、笑顔を見せたり、驚いたり、首をかしげたりそれぞれのシーンでチャーミングなかわいさがさく裂しており、石原の魅力が存分に楽しめる。

また、次々と画面に出てくるタイポグラフィーやナレーションと石原の軽妙な掛け合いも、本作の見どころ。さらに、60秒CMでは石原がなんと、バンドのギターボーカルに挑戦。シニア夫婦のギター&ベース、女子中学生のドラム演奏をバックに、ウルフルズの楽曲に合わせてド派手な(!?)「バンザイ」を披露する。石原自身、「エネルギー、愛を込めて力いっぱい演じました!」と語る、OCNモバイルONEの新CMに注目だ。


■撮影エピソード

◇ブルー系の大人コーディネートとチャーミングな笑顔で現場の空気を華やかに

プレゼンター役の石原は前回(OCN光のシリーズのCM)と同じ、ブルーのブラウスに同系色のロングスカートを合わせたスタイルで登場。目にも鮮やかな色彩と着こなしは、素材感やデザインも相まって、CMで演じる石原のチャーミングなキャラクターをより一層引き立てていて、カメラ前に立った途端、現場がパッと華やかな空気に包まれた。


◇これまで経験したことがないカット数の多いCM撮影に気合十分で臨む石原

当日は通常の15秒、30秒CMに加えて、60秒特別版もあり、それぞれセリフ違い、演技違いのバリエーションも収録。これまでの役者人生において数々のCM現場を経験してきた石原もびっくりするほど、とにかくカット数が多い撮影となった。そのため、撮影はほぼ丸一日かけて行われたが、その間、疲れたそぶりを見せたり、集中力を切らしたりすることなく、「とてもエネルギーが要る現場で、気合が入っています!」という頼もしい発言で周囲を盛り立てていた石原。毎テイク全力で演技に臨む彼女の向上心とプロ意識の高さに、スタッフのモチベーションも大いに高まっていた。


◇想像力が求められる合成シーンも魅力的な演技でOKテイクを連発!

テロップ(タイポグラフィー)やナレーションに合わせて、石原がカメラ目線で呼び掛けたり、アクションを起こしたりするシーン。ここでの撮影は主に、合成用のグリーンバックで行われ、石原にはテロップやナレーションが追加された完成映像を、頭の中でイメージしながら演じることが求められた。そうしたシビアな状況にもかかわらず、石原はワンテイクごとにプレイバックをチェックし、監督の演出プランを的確に表現。時には「こういう感じでどうでしょうか?」と自らアイデアを出したり、アドリブで身振り手振りを織り交ぜたりして、どこを切り取ってもインパクトのある映像を追求していた。シンプルそうに見えて、実は難しいアクションをその場でさらりとやってのけ、OKテイクを連発していた石原。その圧倒的な演技力とパフォーマンスに、誰もがくぎ付けとなっていた。


◇60秒CMでは石原がキュートなギターボーカルを披露!

エレキギターを引っさげた石原が大きく両手を広げてバンザイした直後、スタンドマイクを握ってカメラ目線で「わかりやすい!」とアピールするシーン(60秒CMのみ)。撮影はジェスチャーがメインで、歌はリップシンクだったが、バックバンドを率いて勇ましいパフォーマンスを繰り広げるギターボーカルの役は、石原にとっても貴重な経験だったようで、ギターをかき鳴らす仕草をしたり、スタンドマイクを握りしめて歌う真似をしたりと、終始ノリノリで演じていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 21件)