Kis-My-Ft2宮田俊哉『ドクターホワイト』で刑事役に、キスマイメンバーからの反応は…

TV 公開日:2021/12/09 20
この記事を
クリップ

浜辺美波主演ドラマ『ドクターホワイト』に、今年デビュー10周年を迎えたKis-My-Ft2のメンバー宮田俊哉の出演が決定。優秀だが不器用な刑事役で地上波プライム帯連ドラ初出演となる。また、初回放送は1月17日(月)夜10時から(初回 15分拡大)。



今作は、医師でもないのに豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、「それ、誤診です!」と診断された病名を覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。原作は、大ヒット漫画『金田一少年の事件簿』、『神の雫』などの原作を手掛けた樹林伸氏のオリジナル小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』、『ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)。


これまでに発表されたキャストは、主演の浜辺のほか、医療ジャーナリスト・狩岡将貴役に柄本佑、院長の娘で内科医・高森麻里亜役に瀧本美織、将貴と2人暮らしをしている妹・狩岡晴汝役に岡崎紗絵、少々陰湿な精神科医・西島耕助役に片桐仁、硬派な脳神経外科医・仙道直樹役に高橋努、子犬系若手研修医・佐久間新平役に高橋文哉、イヤミなプレイボーイ・夏樹拓実役に勝地涼、野心家な外科部長・真壁仁役に小手伸也、院長・高森巌役に石坂浩二と、宮田を含め、豪華キャストが集結した。


【関連】高橋文哉、浜辺美波主演『ドクターホワイト』で研修医に「アタフタとついて行きたい」


宮田が演じるのは、捜査二課の刑事・奥村淳平(おくむら・じゅんぺい)。柄本演じる『月刊メディカルサーチ』の記者・狩岡将貴と瀧本演じる内科医・高森麻里亜は、中学時代の同級生。淳平は、刑事としては優秀だが、不器用で二課の“はぐれ者”的な存在。長年の友人である将貴に依頼され、白夜(浜辺)の正体を探っていくことに…。そんな奥村を演じる宮田は、アイドルとしての活動はもちろん、バラエティー番組等マルチに活躍。


また、俳優としては、『私立バカレア高校』(日本テレビ・2012年)でドラマ初出演を果たすと、その後もさまざまな作品に出演。アニメオタクであることを公言していて、アニメが原作で今年夏に開催された舞台『GREAT PRETENDER』では主役を演じ、また、アニメ映画『劇場版 BEM~BECOME HUMAN~』では、声優をつとめるなど、幅広いジャンルでキャリアを重ねている。


今回のオファーを受けた際、最初は「ウソでしょ!?」と驚いたという宮田。アイドルとして、さまざまなジャンルの仕事に挑戦し、役者の仕事にも全力で向き合う中で「役を演じるっていうことが、すごく好きなので、こういうチャンスをいただけてうれしい。それは、がんばりますよ!」と喜んだ。また、柄本演じる将貴、瀧本演じる麻里亜と学生時代の気の置けない仲間である淳平という役柄については、「学生時代の仲間たちと集まるということが、僕自身はあんまりないので、実は憧れがあるんですよ。楽しそうだなって思いました」とコメント。


また、今回のドラマ出演について、キスマイメンバーからの反応を聞くと、全員のスケジュールがわかるアプリ上に、“宮田・ドラマ”という表示を見たメンバーから、『おいおい!お前、ドラマ出んのか!』という、反応をもらったという。そして、ドラマへの意気込みについては、「『あれ?あの役の人、なんかいい味出てるよね』とか、そういう“1つのスパイス”になれたらいいなと思います」と語り、「シリアスな部分とコメディーの部分があって、ほんとあっという間に1時間が終わってしまう面白い作品だと思うので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)