『No Activity/本日も異状なし』 ベテラン俳優・豊川悦司の新たな魅力が大爆発

TV 公開日:2021/12/07 19
この記事を
クリップ

Prime Videoは、Amazon Original連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』を、2021年12月17日(金)より、プライム会員向けに独占配信を開始する。

本作の主人公・時田を演じるのは、人気・実力ともに日本を代表するベテラン俳優の豊川悦司。渋い大人の色気を放ち、これまで様々な役柄を演じてきた豊川は、時田というキャラクターを演じるにあたって、「チャーミングさを見せられるよう意識した」と明かした。


豊川が今回演じる時田は、同期がどんどん出世していく中、出世を諦め万年ヒラ刑事として我が道を行く、適当で怖いもの知らずなベテラン刑事。史上最大規模の麻薬取引の現場での張り込み捜査中にも平然と仕事をサボり、バディを組む新米刑事の椎名(演:中村倫也)と下ネタ満載のくだらないお喋りを繰り広げるが、何故か憎めない魅力あふれるキャラクターだ。


そんな時田というキャラクターを演じるにあたって豊川は、出来るだけチャーミングに演じたいと自ら監督に提案し、演じたのだという。豊川は、「時田というキャラクターが持っている弱さが、視聴者の目にチャーミングに映るように気を付けて演じました。カッコつけた男の可愛らしさを出せたらいいなと思っていました」と語り、時田の“弱さ”の見せ方を意識したことを明かした。


さらに、警視庁の無線連絡室の指令官・美里を演じる木村佳乃もまた、時田というキャラクターの魅力のとりこになっているという。木村は「時田はやたらとカッコつけて決め台詞を言ったり、しれっとありえないミスをしたり、実際にいたら本当に迷惑だと思いますが、とても愛されるキャラクターで私はとても好きです」と語り、時田の人騒がせだが憎めないキャラクターを絶賛した。


さらに木村は、「しかもこんな可愛くて面白いキャラクターを、あんなにカッコいい豊川さんが演じられるというのも最高ですよね。今想像しただけでも笑えてきます」と、豊川の渋くてかっこいいイメージと時田のお調子者で適当なキャラクターとのギャップが生む魅力について語った。幅広い役柄を演じきる抜群の演技力で、日本を代表する実力派俳優として活躍してきた豊川が、新たに見せるチャーミングな魅力が満載の唯一無二な愛されキャラ・時田の活躍ぶりに期待はますます高まるばかりだ。


ありえないバディ、すれ違う無線連絡、カオスな麻薬取引現場で生まれるマシンガンの如く飛び交うユーモア溢れる会話の応酬。次々と巻き起こる想定外な出来事と、重なり合う偶然が奇跡の“笑い”を生み出す。日本を代表する俳優陣と、今を賑わすスタッフが手を組んで誕生した、これまで見たことの無いような型破りな刑事コメディドラマ『No Activity/本日も異状なし』は、2021年12月17日(金)よりPrime Videoにて独占配信開始。


『No Activity/本日も異状なし』 

配信開始日:2021年12月17日(金)

話数: 本編6話一挙配信 

出演:豊川悦司、中村倫也/木村佳乃、清野菜名岸谷五朗岡山天音岸井ゆきの

監督:英勉 

脚本:じろうシソンヌ)、土屋亮一 

音楽:松本晃彦

©2021 Amazon Content Services LLC


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)