間宮祥太朗&菊池風磨、火曜ドラマ『ファイトソング』で三角関係の恋

TV 公開日:2021/12/05 19
この記事を
クリップ

TBSでは、来年1月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『ファイトソング』を放送する。今年度前期放送のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインを好演し、いま最も注目される若手女優の一人である清原果耶が民放ドラマ初主演を務める本作。このたび、清原演じる主人公・木皿花枝(きさら・はなえ)の三角関係の恋の相手役となる2名のキャストが決定した。



間宮祥太朗菊池風磨 約13年振りのドラマ共演

花枝が空手の試合前に必ず聞いていた勝負曲の作者で、現在は落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン・芦田春樹(あしだ・はるき)役に間宮祥太朗。ハウスクリーニング業を経営し、一途に花枝を想い続けている幼馴染の夏川慎吾(なつかわ・しんご)役を菊池風磨(Sexy Zone)が演じる。ヒロインの花枝は訳あってこれが人生最後の恋と決めているのだが、果たしてその相手はどちらになるのか・・・!?


間宮と菊池は、2008年10月期の連続ドラマ『スクラップ・ティーチャー 教師再生』(NTV)で、共にクラスメイト役でドラマデビューを果たしている。以降、バラエティ番組での共演はあるものの、ドラマでの共演は約13年振りとなる。


間宮祥太朗は変人ミュージシャンに

間宮は、昨年『麒麟がくる』(NHK)で大河ドラマにも初出演を果たした若手実力派俳優。今年1月に放送された火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』では、主人公に思いを寄せる先輩編集部員役を好演した。

【詳細】『ボス恋』“ドS先輩”間宮祥太朗の直球告白に視聴者悶絶「一瞬でもっていかれた」

清原とは同じドラマへの出演経験はあるものの、本格的な共演は今作が初となる。


そんな間宮が本作で演じる芦田は、コミュニケーション能力が底辺で、本気で人を好きになったことがなく恋愛経験もほぼない落ちぶれたミュージシャン。マネージャーから「人の心が分からないから良い曲が書けないんだ」「あと2か月でヒット曲を出さなければ契約を打ち切る」と言い渡され、クビ寸前の崖っぷちだ。そんな彼が、ひょんなことで出会った花枝と、人の心を知って良い曲を書くために「嘘だけど本気の恋愛」にチャレンジしていく。恋愛を通して再起をしようと奮闘する芦田の成長も見どころの一つとなる。


菊池風磨は一途な幼馴染

菊池はSexy Zoneのメンバーとしてアイドルの顔を見せる一方で、ドッキリ番組等での体を張った活躍が話題となり、お茶の間で絶大な人気を誇っている。今年7月に放送されたドラマ『イタイケに恋して』(NTV)では主演を務めた。TBSの連続ドラマに出演するのは、2015年の金曜ドラマ『アルジャーノンに花束を』以来、実に7年振り。清原とは今作が初共演となる。


そんな菊池が本作で演じる慎吾は、キャンピングカーに道具を積んでハウスクリーニング業を営む、花枝の幼馴染。見た目はチャラいが、優しくて明るく天真爛漫な性格で、一途に花枝を想い続けてきたという健気な役どころだ。しかし、突然現れた芦田と花枝の急展開の関係に焦りを感じ・・・。花枝への愛情全開な慎吾とそれを気にも留めない花枝の、コミカルながらどこかキュンとするやり取りにも注目だ。


清原、間宮、菊池が演じる不器用な3人の若者たちによる、じれったくて切ない、けどどこか笑えるヒューマンラブコメディ。持ち前のスポーツ根性と前向きな性格で逆境を跳ね飛ばしていく主人公の姿を通じて、この時代を生きる全ての方へ、明るい希望を届ける。不器用だけど真っ直ぐなヒロインがたどり着く、“人生最初で最後の恋”の行方は!? 来年1月からスタートする火曜ドラマ『ファイトソング』に期待が高まる。


1/2ページ