『ラジハ2』窪田正孝 なんで?ファンからもツッコミ、副院長室の札を触る後ろ姿激写

TV 公開日:2021/12/03 9
この記事を
クリップ

俳優の窪田正孝主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(毎週月曜よる9時~)が2日、アメーバオフィシャルブログを更新。副院長室の札を触る窪田の後ろ姿を公開し、ファンから「何してんのー笑」「どうしたの?w」と反響を呼んでいる。



本作は、現在「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作で、2019年4月期に放送された月曜9時ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編。窪田演じる「写真には必ず真実が映る」と信じる診療放射線技師・五十嵐唯織が“ラジエーションハウス”の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救っていく物語。


この日、「副院長室の札を触る窪田さん」と題して更新したブログは、絵文字やハッシュタグを交えながら「#ラジハ2」は第10話でいよいよクライマックスへ!池田しずく(#伊藤歩さん)の胎児の治療をめぐり唯織(#窪田正孝さん)が鏑木副院長(#浅野和之さん)と話すシーンがありますが…」と12月6日に放送する第10話の見どころに触れながら、「何だか少年っぽくてかわいらしかったので密かに撮っちゃいました」と副院長室の札を触る窪田の後ろ姿を公開した。


この投稿にファンからも「どんな触り心地?w」「なんで触ってるか教えてー♪♪」「何してんのー笑」「どうしたの?w」「何が気になっちゃったの?ww」といったツッコミや、「後ろ姿だけでも嬉しい」「カッコいいーーー!!」「可愛らしい」「座長!行動が可愛すぎ」「後ろ姿もカッコいい」などの声が寄せられている。



■『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』第10話

12月6日(月)よる9時~放送

遂にクライマックスへ!明かされた503号室の秘密…胎児の小さな命を救え!ピンポン玉ほどの小さな心臓を蝕む、閉鎖した肺動脈弁を開通せよ!ラジハ最大の挑戦が始まる!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)