Kis-My-Ft2宮田俊哉、デビュー10周年を感慨深く振り返る「これからも7人でずっと…」

TV 公開日:2021/11/26 4
この記事を
クリップ

毛髪・美容・健康のウェルネス事業をグローバル展開する株式会社アデランスは、様々な機能で頭皮から美しい髪を考える新発想ドライヤー『N-LED Sonic KAMIGA』の新TV-CMに、宮田俊哉を起用した「うるつや髪でいってらっしゃい」篇(30秒、15秒)、「どっちか迷う」篇(30秒、15秒)を制作、11月26日(金)より全国でオンエアを開始する。


また『KAMIGA』の公式サイトでは、宮田が、空気が乾燥する冬の季節、髪の静電気に悩む女性たちとともに『KAMIGA』の性能を分かりやすく説明するWEB動画、「KAMIGA実証CHALLENGE!!」篇(2分37秒)を公開。

新TV-CMでは、普段着の宮田が、髪がパサついてまとまらない女性へやさしく語りかけるように『KAMIGA』の特長を紹介していく。うるつやボイスで、まるで彼女に語りかけるような宮田のやさしい笑顔にも注目だ。


<撮影エピソード>

「よろしくお願いします!」と、元気いっぱいでスタジオ入りをした宮田。新TV-CMでは、髪がパサつく女性へやさしく語りかけるように『KAMIGA』の特長を紹介するのが宮田の役割。「カメラを彼女だと思って」「もっとやさしく」と次から次へと監督から出されるリクエストに、「はい。わかりました」と丁寧に応じていく宮田。撮影終了後に感想を聞くと「(カメラを彼女に見立ててセリフを言うのは)正直、恥ずかしかったです。カメラを彼女だと思って語りかけてくださいというオーダーはたまにあるのですが、何年やっていても慣れないので、恥ずかしかったです。でも、KAMIGAを買ってくださる方を僕の彼女だと思って、全力で彼氏を演じました」と答えてくれた。

撮影中、セリフまわしや身のこなしについて監督から「アイドルっぽくお願いします」とリクエストされた宮田。撮影終了後には「僕、20年アイドルをやっているんですよ。20年間アイドルをやっていると“アイドルっぽい”というのがどういうことなのか分からなくなってきて…」と、はにかみながら「ふだん(ファンの方々から)やさしいと言われることが多いのですが、今回はさらに一つ上のやさしさを出せたらいいなって思いながら演じました」と振り返っていた。

今年も残すところあとわずか。2021年を振り返り、宮田が体験した「うるつや」エピソードを訊いてみると「今年はCDデビュー10周年迎えたのですが、(Kis-My-Ft2のメンバー)7人で歌って、ステージに立っている時は、ちょっと“うる”っとしちゃいました。これからも7人でずっと歌って踊っていけたらいいな、なんて強く感じた1年でした」と感慨深く話してくれた。続けて「きっと会えなかった期間で、ファンのみなさんがより“つや”っぽくなってるんじゃないかなって思ってます」と、“うる+つや”エピソードを披露した。


アデランス『KAMIGA』公式WEBサイト:https://www.aderans-shop.jp/shop/pages/kamiga.aspx(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。