堤真一主演『妻、小学生になる。』家族キャスト解禁、他界した妻に石田ゆり子

TV 公開日:2021/11/26 3
この記事を
クリップ

TBSでは2022年1月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、堤真一主演の『妻、小学生になる。』を放送する。原作は芳文社『週刊漫画TIMES』に連載中の村田椰融(むらた・やゆう)による同名漫画。累計発行部数(紙+電子)が130万部を超える話題作だ。



10年前に愛する妻を亡くし生きる気力を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と再会するところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって10歳の小学生になっていた。夫と娘はその姿に戸惑いながらも、彼女から尻を叩かれ叱咤激励されて、生きる喜びを徐々に取り戻していく。そして、周囲の人間も巻き込みながら「生きること」に再び向き合おうとするちょっと変わったホームドラマである。


このたび、堤演じる主人公・新島圭介(にいじま・けいすけ)の家族を演じる3名のキャストが決定した。10年前に他界した妻・新島貴恵(にいじま・たかえ)に石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣(にいじま・まい)に蒔田彩珠、生まれ変わった圭介の妻で10歳の白石万理華(しらいし・まりか)に毎田暖乃だ。


今年7月期の日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』で演じた東京都知事役が記憶に新しい石田。本作では、10年前に他界した圭介の最愛の妻・貴恵を演じる。


「私がいなくなったくらいで、生きるの諦めてんじゃないよ!」


貴恵は人気の洋食屋に勤めているシェフ。料理上手で、家族を心から愛し、手のかかる夫と娘の世話を焼く、家族にとって太陽のような存在。10年前に他界したが生まれ変わり、小学生の姿で圭介と麻衣の前に現れる。


蒔田は今年度前期のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主人公の妹役を好演。TBSで12月29日に放送する『99.9-刑事専門弁護士- 完全新作SP新たな出会い篇〜映画公開前夜祭〜』、翌30日公開の映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』に出演する。本作で演じるのは、圭介と貴恵の一人娘・麻衣。


「ママがいなくなって、何をしたらいいのかわからなくなっちゃった・・・」


もともと内向的な性格だったが、母が突然亡くなり、母から生きる術を学べないまま大人になってしまった麻衣。高校卒業後は就職したものの、現在は無職の20歳。恋愛にも消極的で、自分の人生を歩まなければいけないとわかってはいるが、将来に夢や希望を持てないでいる。


毎田は2020年度後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で、主人公の幼少期と姪の二役を見事に演じ分け話題を呼んだ。本作で演じるのは、10年前に他界した貴恵の生まれ変わり。姿は小学生だが中身は大人という難しい役どころである。


「私は新島貴恵。あんたの妻で、麻衣の母親!」


白石万理華として生きていたある日、10歳の誕生日を前に自分が「新島貴恵」であると突然思い出す。住んでいた新島家を訪ね、夫と娘に再会。自分の死を引きずったままの二人の尻を叩いていく。


奇跡の再会を果たした新島家が、圭介の職場や麻衣の知人など周囲を巻き込みながら、「生きること」にあらためて向き合っていくホームドラマ。夫婦、親子、大切な人…それぞれの想いが切なくもほっこりと温まる、来年1月スタートの金曜ドラマ『妻、小学生になる。』に期待が膨らむ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)