『恋です!』第2章突入、森生(杉野遥亮)に父が張り合うも…誕生日会は予想外の方向へ

TV 公開日:2021/11/24 18
この記事を
クリップ

第7話から第2章に突入する水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)。本作は、勝ち気だけど恋に臆病な盲学校生ユキコ(杉咲花)と、喧嘩早いけど根はまっすぐなヤンキー森生(杉野遥亮)、運命の出会いをした2人の恋の行方を描く。


先々週の第6話では、「可愛すぎる」と話題になったユキコと森生の初キスシーンが幸せな余韻を残した。

【余韻】『恋です!』なんていい顔するの…杉野遥亮が魅せる独特のピュア感と素直さ


今夜10時から放送の第7話では、父・誠二の出張中に姉・イズミの誕生日を祝うべく、ユキコが森生&獅子王を招いての誕生会を企画する。



盲学校の『就職相談会』を前に、卒業後の進路について悩むユキコ(杉咲花)。そんな中、ユキコは翌日に迫ったイズミ(奈緒)の誕生日を祝うため、誠二(岸谷五朗)の出張の間に森生(杉野遥亮)と獅子王(鈴木伸之)を自宅に招いて、誕生日会を開こうと企画する。当日、準備のために赤座家に訪れた森生と2人きり、いい雰囲気になるユキコだが……出張が延期になった誠二が突然帰宅するハプニングが発生。彼氏と父親が想定外に鉢合わせる緊急事態に襲われる。イズミも帰宅し、史上最高に気まずい中で誕生日会がスタート。


ユキコを巡って森生と張り合う誠二は、まさかの獅子王と意気投合し……!?誕生日会は予想外の方向へ!


第7話の予告映像では、森生がユキコの上に倒れ込みユキコが目を閉じるシーンや、森生と獅子王が二人でバスタブに収まっているシーンも。第7話について、父役の岸谷は「ハチャメチャになる回」と言い、杉咲は「これまでの「恋です!」とはちょっと違った描き方がされていて、飽きない展開」と語っている。


またイズミと獅子王の関係にも注目で、獅子王演じる鈴木伸之は「7話は獅子王が秘めてきた思いが詰まっている回」と明かしている。奈緒も「ぜひ見届けてほしい回」という7話に期待が高まる。


さらに卒業後の進路に悩むユキコには、初恋相手との再会が―――。ユキコが白杖を持つきっかけとなった存在である初恋相手・緋山くん役で小関裕太が第7話から登場する。


ライバル心を燃やす森生の表情にも注目だ。


水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』第7話は、いよいよ今夜、11月24日(水)よる10時放送。地上波では、音声によるガイドがついた解説放送を実施。Hulu・TVerの見逃し配信でも解説放送版をお楽しみいただける。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)