広瀬アリスがマンガ家に、“飯テロ”ドラマ『失恋めし』配信決定

TV 公開日:2021/11/19 4
この記事を
クリップ

木丸みさきのコミックエッセイ『失恋めし』(KADOKAWA刊)を原案としたドラマ『失恋めし』が、広瀬アリス主演にて、Amazonプライム・ビデオで独占配信することが決定。2022年1月14日(金)から全10話一挙配信。そして、2022年7月には読売テレビにて地上波放送が予定されている。




ドラマ『失恋めし』の主人公でイラストレーター・キミマルミキを演じるのは広瀬アリス、近所の花屋の青年を井之脇海、ミキのマンガを連載する出版社の編集者に村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコ、近所のお弁当屋を若林拓也がレギュラーキャストとして出演する。監督には、『勝手にふるえてろ』(17)『私をくいとめて』(20)などの話題の映画を手掛ける大九明子監督がメガホンを取る。


ドラマ『失恋めし』は全10話で紡ぐおいしい失恋ドラマ。主演を務めるのは、ドラマ・映画など話題作への出演が相次ぎ、人気と実力を共に兼ね備えた今最も注目を集める女優・広瀬アリス。広瀬が演じる主人公のキミマルミキは、地元紙に“失恋めし”というマンガ連載を持ち、日々連載のネタとなる失恋エピソードを探しているイラストレーター。各話ごとに登場する失恋した人には、忘れられない思い出の味がそれぞれにあり、その味をミキと共に味わいながら失恋エピソードを話しはじめる。するといつしか傷ついた心が癒され前向きな気持ちに…。


レギュラーキャストには、ミキがほんのり恋心を抱く近所の花屋の青年を、若手実力派俳優の井之脇海、ミキが連載する地元紙の出版社・STO企画(佐藤さんという苗字の社員ばかりが集う)の面々には、村杉蝉之介、臼田あさ美、安藤ニコが個性豊かでチャーミングなキャラクターとなって集結、近所のお弁当屋の佐藤さんを若林拓也が演じ、本作のおいしいスパイスとなっている。


本作は、すべて実在する飲食店で撮影を行っており、各話ごとにそのお店の人気メニューが続々登場。広瀬は「私が失恋したら、美味しいごはんをいっぱい食べよう!」とコメントするなど、本作のおいしいごはんから癒しと元気をもらえる効果は抜群で、さらに、監督を務めた大九明子監督は、「これを観てどうぞゆるりとお眠りくださいと言いたいところですが睡眠欲に食欲が勝ってしまうかもしれません。」とコメントにあるように、ほっこりとした気持ちで観られるゆるさと、おなかがすいて眠れなくなりそうな刺激が共存する“飯テロ”ドラマとなっている。失恋の数だけ忘れられない思い出の味がある。全10話で紡ぐ『失恋めし』に期待が高まる。


<広瀬アリス/キミマルミキ コメント>

お芝居していてとても心地よかったです。主人公のキミマルミキちゃんの役柄が染みついていく感じがあり、気持ちいいなって思いながらお芝居することができました。撮影中、自分の癖やちょっとしたミスなどを、大九監督が芝居としてそのまま活かしてくださったので、焦った顔や、道を間違えた瞬間など、普段のままの私が映し出されていると思います。ありのままでいれたことに感謝しています。“失恋“というと、ネガティブな感情になると思いますが、それを乗り切れる何かがあるのはとてもいいことだし、食べることもそのひとつだとこの作品を通じて思いました。いつか私が失恋したら、美味しいごはんをいっぱい食べよう!と思います(笑)。


<井之脇海/花屋の青年 コメント>

大九監督の作品が好きでずっと観ていたので、参加が決まった時、とても嬉しかったです。現場には、南半球にしか咲かないような花や、変な形をした珍しい花がたくさんあって、それを眺めるのが撮影中の僕の癒しでした。今回は、花屋の青年がもつ雰囲気が、普段の僕と近いと感じたので、「この役だったらどうするか?」だけではなく「僕だったらこうするな」と感じたことを監督に提案して役を作ったので、細かいところに僕の生活の“匂い”のようなものが滲み出ていると思います。


<村杉蝉之介/佐藤元(1号・STO企画) コメント>

今回、私は1号という役をやらせていただきました。ロボットでもライダーでもなく主人公キミマルさんが出入りしている会社の上司の役です。部下の2号、3号、そしてハラハチ君たちとの愉快なやりとりをお楽しみください。そして、大九明子監督の新作です!ご期待ください!


<臼田あさ美/佐藤双葉(2号・STO企画) コメント>

主人公の担当編集者2号を演じました。原作の美味しいものに癒されるほっこり感も残しつつ、大九組ならではのキャラクター作り、そして、ぶっ飛んだ可笑しなシーンも多いのではないでしょうか。正直、どんな作品に仕上がっているのか想像もできないほどでドギマギしていますが、ゲラゲラ笑いながらも、ふと暖かい気持ちになれる瞬間があれば幸いです。是非、皆さま、よろしくお願いします。


<安藤ニコ/佐藤光子(3号・STO企画) コメント>

3号/佐藤光子という役は、私にとって本当に大切で愛おしい存在です。ちょっぴり生意気でありながらも、バカが付くほど真面目で真っ直ぐな女の子です。STO企画の本当に賑やかで自由な空間の中で、部長と係長に負けないくらいの自分の世界観を繰り広げていきます。何事にも全身全霊で一生懸命取り組み過ぎてしまう3号の不器用さと素直さは演じていてとても面白かったです。また、恋に落ちた時に180度変わる、彼女の新たな一面にも是非注目して頂きたいです。


<若林拓也/佐藤八郎(ハラハチ弁当の配達員) コメント>

僕が演じますハラハチくんこと佐藤八郎は、STO企画に颯爽とお弁当を配達に来る元気な青年です。あんな話やこんな話が繰り広げられている中、毎回ド派手な格好で現れます!少し抜けてる一面や、かわいらしさもあり、見てるだけで元気をもらえるような快活なお弁当屋さんになってたら嬉しいです。見どころはなんと言っても毎話出てくる美味しそうなご飯たち!完全に飯テロなドラマです。登場人物のキャラクターやゆったりとしたストーリーがおもしろいので、是非ご覧ください!!


<大九明子監督 コメント>

「失恋めし」を配信ドラマにというお話を頂戴した時、寝る前に見たくなるゆるいものにしようと決めました。そのために“丸々区三角町”というふざけた一区画を爆誕させ、血眼でゆるさに徹しております。これを観てどうぞゆるりとお眠りくださいと言いたいところですが睡眠欲に食欲が勝ってしまうかもしれません。私なんかもう、数々のご馳走を美味しく食べる登場人物達の咀嚼音を思い出して、ヨダレが出てまいりました。


<原作者木丸みさき コメント>

地元の情報紙で連載していた漫画「失恋めし」がまさかドラマの原案になるなんて....。世の中何が起こるかわかりません。「失恋と食」をテーマにした漫画なのですが、連載中は「安易にやけ食いに走らないこと」「読んだ人が前向きな気持ちになれること」を心がけてひとつひとつのエピソードを考えました。今回のドラマでは広瀬アリスさん演じる漫画家のキミマルミキが、きっと私の何倍も面白くて前向きになれるエピソードを捻りだしてくれると思います。



【ストーリー】

恋のはじまり方は…いろいろ。恋のおわり方も…いろいろ。でも、どんなおわり方をしても、おなかはすく。ひとつの恋がおわったとき、元気をくれたのは、あの味だった—。イラストレーターのミキ(広瀬アリス)は、フリーペーパーで“失恋めし”というエッセイ漫画を連載中。失恋の思い出と、それにまつわる“めし”の話を集めて描いているのだが、最近はネタ切れ気味で困っていた。ネタになる失恋がどこかに転がっていないかと悩むミキは、ある日縁結びの御利益がある神社で「いい失恋に巡り合えますように」と手を合わせる。すると、思い詰めた表情の女性を見かけ、後を付いて定食屋に入り、女性の失恋エピソードを聞くことに。これを機にミキは街中で失恋した人々と彼らの思い出の味に巡り合うことに――。


■『失恋めし』(全10話)

2022年1月14日からAmazonプライム・ビデオにて一挙独占配信
読売テレビ2022年7月放送予定
出演:広瀬アリス 井之脇海 村杉蝉之介 臼田あさ美 安藤ニコ 若林拓也

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

※本記事は掲載時点の情報です。