鈴木伸之×犬飼貴丈、公安捜査官とヤクザに扮し“禁断のバディ”結成『ケイ×ヤク』ドラマ化

TV 公開日:2021/11/18 10
この記事を
クリップ

2022年1月期のプラチナイト モクドラF(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜よる11時59分から放送/1月13日初回放送予定)が、主演・鈴木伸之、共演・犬飼貴丈による『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』に決定した。


本作品は【堅物な公安捜査官】と【ミステリアスなヤクザ】による“禁断のバディ”が繰り広げる物語。2人は協力し合う関係を周囲から隠すために、偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。契約で結ばれた2人が挑む、今までに見た事のない“あぶないサスペンス”が開幕。


主演・鈴木伸之が演じるのは、カタブツな公安捜査官・国下一狼(くにしたいちろう)。容姿端麗、運動神経抜群のハイスペック男子でありながら、バカが付くほど真面目で恋愛経験もゼロという役どころ。演じる鈴木は、21年10月期クールには『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』『お茶にごす。』と、ドラマ3作品に出演している引く手あまたの人気実力派俳優。本作が日本テレビ系ドラマ初主演となる。

共演・犬飼貴丈が演じるのは、ミステリアスなヤクザの若頭・英獅郎(はなぶさしろう)。死に対する恐怖心がなく、破れかぶれに、刹那的に生きているという役どころ。『青天を衝け』では外国奉行支配を演じ、『サレタガワのブルー』では浮気された夫を演じるなど、ふり幅の広い芝居を見せ続ける犬飼が本作品ではどんな演技を見せるのかにも注目が集まる。


原作は講談社「Palcy」にて連載中の同名漫画(『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』)。WEB連載にて1000万PVを突破した話題作が満を持してドラマ化。さらに、本ドラマの監督・演出として、映画『サイレント・トーキョー』、ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』『コールドケース ~真実の扉~』など、硬派なサスペンス作品を数多く手掛ける波多野貴文監督を迎えることも決定した。

「先が気になる骨太なサスペンス展開」と「2人が紡いでいく絆」が心を揺さぶること間違いなしの新ドラマ『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』は、22年1月放送スタート。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)