櫻井翔、小学生の男の子と会話が弾んでいるうちに…「え!終わっちゃった…」

TV 公開日:2021/11/18 8
この記事を
クリップ

株式会社ジャストシステムは、タブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」の新テレビCMに櫻井翔を起用し、『学年を超えた学び』篇(15秒)『みんなで学べる』篇(15秒)『櫻井翔さん体験(小学4年生・小学5年生・中学2年生)』篇(3種・各15秒)を制作、2021年11月18日(木)より順次放送する。

CM撮影にあたり、専用タブレットを用いて小学4年生、小学5年生、中学2年生の各コース、そして「みんトレ」を実際に体験した櫻井は「驚きの連続でした!」と声を弾ませた。「スマイルゼミなら“書く”ことや“聞く”ことができる教材で、細かく丁寧に教えてもらえるので、(勉強が)楽しくなるんじゃないかな」と、感想を述べた。


<CMストーリー>

▼『学年を超えた学び』篇
「タブレットで学ぶ通信教育のスマイルゼミは、この度新しい学びを提供します」と櫻井が紹介するのは、学年を超えて“先取り”や“さかのぼり”の学習で“学力の体幹”を鍛える無学年学習「コアトレ」。「小学校の教科書に合わせた学びだけではなく、新たに『学年を超えた学び』が加わります」と、一人ひとりの理解度に合わせてスモールステップで進められ、得意分野は学年に関係なく先取りし、苦手な分野は学年をさかのぼって学び直すこともできる「コアトレ」が新たに加わることを伝える櫻井。「さあ、学びの最先端へ」と誘う。

▼『みんなで学べる』篇
「頑張ろうね!」と声をかけ合い、スマイルゼミのタブレットに向き合う櫻井と男の子。2人が挑戦するのは、タブレットを通じて他のスマイルゼミ会員と競い合いながら学習し、反復学習、実力アップにつながるスマイルゼミの新しい学び「みんトレ」。櫻井の「はじめ!」の声に合わせ、同じく「みんトレ」に取り組む二人の女の子も加わる。タブレットを用いて、紙での学習と同じように書きながら問題を解いていく4人。解答方法がひらめき「そうだ!」と目を輝かせる男の子。計算問題に正解し「よし!」と笑顔の女の子。一方櫻井は「あ~やべやべ」と思わぬ苦戦を強いられている様子。家にいながら、まるでみんなと教室にいるような楽しさで取り組める「みんトレ」。みんなで一緒に学べる「みんトレ」だからこそ、モチベーションが高まり、やる気が継続する。最後は1位を獲得した男の子と櫻井が「イェーイ!」とハイタッチを交わす。

▼『櫻井翔さん体験(小学4年生・小学5年生・中学2年生)』篇
専用タブレットで「スマイルゼミ」の学びを体験する櫻井。「今日はこれだよって教えてくれるのいいですね」「これは分かりやすい!」「(漢字の)ハネまでチェックしてくれるんだ」「これなら自分でやりたくなるな」と、スマイルゼミならではのアニメーションを多用した問題や解説、書いた文字が丁寧に判定される様子などに興味津々。さらに「国語に算数、英語、理科、社会、5教科全部!」「(英語の会話音声を聞いて)これは聞く力つくね」「これなら苦手意識持たずにできそう」と、最先端の“学び”を目の当たりにして感心しきり。「記述問題だ。これは力つくね」「どこでどう間違えたか教えてくれるんだ」「自分のペースで何回もできるし、部活とかとも両立できるね」と、納得の表情を浮かべる櫻井なのであった。

【関連】櫻井翔、松本潤が恥ずかしがったエンドロール表記に「僕はメンバーとして誇らしい」


1/2ページ

関連タグ