福原遥主演『アンラッキーガール!』“語り”バカリズムがサプライズ登場

TV 公開日:2021/11/11 10
この記事を
クリップ

福原遥の主演ドラマ『アンラッキーガール!』第6話に、“語り“バカリズムがサプライズ登場する。




金運を筆頭に、あらゆる運がゼロの主人公・福良幸(ふくら・さち)を演じるのは福原遥。福原とともに、世界一不運な3人の女性として、男運も対人運もゼロの朝倉香(あさくら・かおり)役で若月佑美、仕事運ゼロの綾波樹(あやなみ・いつき)役で高梨臨が出演している。そんな本ドラマの語りを担当するのはバカリズム。ドラマの“語り”は初挑戦となるが、視聴者からは「バカリズムの語りが最高」と絶賛の声が上がるなど、注目を集めている。そんなバカリズムが、明日放送の第6話(11月11日放送)に登場することが明らかになった。バカリズムがどんな役を演じるのかは明かされていない。どの場面で、どんな風に登場するのか注目だ。さらに、バカリズムが登場する特別版のPR動画も番組SNSで公開される。


また、第6話には「A.B.C-Z」の橋本良亮がゲスト出演。幸(福原)の元婚約者・志皇秀忠役を担当する。秀忠は、イケメンで、資産家の御曹司で、貿易会社の役員というハイスペック男子。3年前、幸と秀忠は婚約していたが、ある理由で別れてしまうのだった。久しぶりに秀忠と再会した幸は、再びプロポーズをされるのだが、動揺しすぐに返事をすることができず……。果たして、幸はプロポーズを受けるのか。また、幸の衝撃の過去も明らかになる。果たして、世界一不運な3人は“ラッキーガール”になることができるのか。


【第6話 あらすじ】

ある朝、悪夢を見て目覚めた幸(福原遥)は、不安な気持ちを香(若月佑美)と樹(高梨臨)に語る。3人の話を聞いていた指宿(生瀬勝久)は、夢占いをする。夢の内容から、樹は現実逃避願望、香は卓海(板垣瑞生)への未練を指摘される。幸は、悪夢の最後に3年前に別れた元婚約者の秀忠(橋本良亮)が出てきたと打ち明ける。香と樹は、幸が婚約していたと聞いてビックリ。指宿は、予知夢かもしれないと告げる。指宿の占い通り、秀忠から連絡が来て、幸は彼と再会する。資産家の御曹司で貿易会社に勤める秀忠は、駐在するフランス支社から一時帰国していた。幸は秀忠に、一緒にフランスに来てほしいと再びプロポーズされる。幸は動揺し、すぐに返事をすることができない。


幸は、香と樹に相談する。幸に幸せになってほしいと願う香と樹は、なぜ幸が喜んでいないのか、不思議でならない。樹は、やっと巡ってきた幸運をしっかりつかむようにと背中を押す。そんな中、樹は、重流(丸山智己)と会う。重流は幸と秀忠が再会したと知り、幸のことを心配する。樹は重流から、幸にまつわる3年前の衝撃の出来事を聞かされる。樹と香は幸に、自分たちにも幸運が訪れたと報告。樹は就職が決まり、香は婚活アプリで新しい恋人を見つけたという。3人とも幸せになれると、はしゃぐ樹と香。戸惑う幸をよそに、樹は3人の幸運をお祝いしようと言い出す。3人はお祝いと称して、秀忠も誘って食事をすることになるが、幸運になったはずの3人には再び不運の連鎖が…!?ついにアンラッキーガールはラッキーガールになれるのか!?



■プラチナイト モクドラF『アンラッキーガール!』

毎週木曜よる11時59分~ 放送中

(C)読売テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。