竹内涼真×中条あやみ『君と世界が終わる日に』待望のSeason3が2022年2月より配信決定

TV 公開日:2021/10/19 8
この記事を
クリップ

生きる屍=ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、主人公・響(竹内涼真)と恋人・来美(中条あやみ)らが、生き残りを懸けた闘いに身を投じる極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』。本作待望のSeason3がいよいよ始動、2022年2月25日(金)、Huluにて独占配信されることが決定した。


2021年1月に日本テレビにて放送されたSeason1では、日本の地上波ゴールデン帯連続ドラマ初となる本格ゾンビ作品に注目が集まった。ある日突然、ゴーレムによって日常を奪われた人々の過酷なサバイバル、プロポーズ直前に引き裂かれてしまった響と来美のラブストーリー、ゴーレムウイルス開発者の謎を解くミステリーと、3つの軸が絡み合う“究極の人間ドラマ”が描かれている。


続いて、Huluで独占配信されたSeason2では、来美がゴーレムウイルスに感染していたという衝撃の展開から幕を開け、新たなコミュニティであるシェルター「希望の家」を舞台にした生存者同士の闘い、ゴーレム化が進む来美の記憶障害、愛する人が続々と倒れていく極限のサバイバル、謎の集団Xの存在など、ゴーレム惨禍の中、数々の死闘が繰り広げられた。ゴーレムとの壮絶なアクションシーン、すれ違い続ける響と来美の切ないラブストーリー、緊迫した状況下での人間ドラマが大きな話題を呼んだ。さらに本作は、Season2単独で「Hulu 2021年視聴人数No.1」を記録しており、現時点で、今年Huluで配信された全ジャンルの中で最も多くの人に観られた作品として絶大な人気を誇っている。

Season1、2に続き主演を務める間宮響役の竹内涼真は、Season3に向けて「前作を超えるくらい、絶対に面白い物を作るとスタッフの皆さんと共有している」と力強くコメント。座長らしく「今回のテーマである「信じる」とは何なのかということを僕自身が一番に背負って演じていきたい」と語り、気合いも充分。そして、Season1、2のサバイバル禍を生き抜いてきたレギュラーキャスト陣の続投も決定。Season3では、中条あやみ(来美役)、笠松将(等々力役)、飯豊まりえ(佳奈恵役)、玄理(ジアン役)、小久保寿人(坪井役)、横溝菜帆(結月役)らが再び、それぞれの想いを胸に闘いに身を投じていく。シーズンを重ねるごとに、強く逞しくなってきた生存者たち。新シーズンで生き残ることができるのは誰なのか――。新たな活躍に期待が高まる。

Season2のラストでは、ゴーレムウイルスに感染し、響との子供を身籠る中姿を消した来美と、彼女を探す旅に出ることを決意した響。Season3ではその10か月後からが描かれる。ゴーレムに占拠された世界は今、どうなっているのか――?「妊娠しながらもゴーレム化が進んでいた来美は生きているのか――?響と結月(横溝菜帆)がたどり着いた先に待ち受ける、さらなる過酷な運命とは――?新たな謎、新たな敵、新たな世界で生まれるのは、愛か、狂気か――禁断の扉が開かれる。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)