『アンラッキーガール!』不運の連続に「ハマる」視聴者続出

TV 公開日:2021/10/15 6
この記事を
クリップ

10月7日にスタートした福原遥主演の新ドラマ『アンラッキーガール!』


金運を筆頭に、あらゆる運がゼロの主人公・福良幸(ふくら・さち)を演じるのは福原遥。

福原とともに、世界一不運な3人の女性として、男運も対人運もゼロの朝倉香(あさくら・かおり)役で若月佑美、仕事運ゼロの綾波樹(あやなみ・いつき)役で高梨臨が出演。そんな3人を、生瀬勝久演じる謎の占い師が“占いアドバイス”で翻弄していく新感覚のジェットコースターコメディだ。


とにかくツイてなさすぎる幸の日常には、不運がこれでもかと訪れる。第1話からその不運の数(13回!)が話題となったが、10月14日に放送された第2話でも13回もの不運が訪れた! この安定の不運っぷりに、SNSでは「今週も不運の連発すぎて、ずっとお腹抱えて笑ってた」「面白かった〜この感じハマる笑」などの声が上がり、話題となった。


また、第1話では、泥だらけになるなど体を張る福原の姿にも注目を集めていたが、第2話では福原の顔面がケーキだらけとなってしまうシーンが登場! SNSでは、「福原遥ちゃんが顔面ケーキとは…体張ってる」「ケーキのやつ爆笑」「顔面ケーキなのに可愛い!」といったコメントが並んでいた。


さらに、終盤では、若月佑美演じる香と、板垣瑞生演じる“たっくん”こと桜田卓海が、正式に別れることに。卓海は、去り際に「香に会えてよかったって思っているよ」と話す展開で、視聴者からは、「若月佑美さんの悲しい表情がよかった」「若月佑美さんの演技、めっちゃ好き」「たっくん別れちゃった。でもイケメンだなー!」「まだたっくん見てたい」「たっくん可愛い」「たっくんカッコいい」などの声が上がり、注目を集めていた。そんな本ドラマは TVerでも見逃し配信中!2話を見逃した方、もう一度楽しみたい方も是非ご覧いただきたい。


さらに、10月21日放送の第3話では、高梨臨演じる樹の“史上最悪の採用面接”が描かれる。予告動画では、高梨が階段から滑り落ちるシーンも公開されている。また、幸の父(丸山智己)との知られざる秘密の過去も明らかに!? 次回の放送もぜひお楽しみに。

 


■第3話あらすじ

幸(福原遥)は、くじ売り場の火事の被害額200万円を弁償しなければならなくなる。くじ売り場の仕事だけではとても足りず、幸は副業を探し始める。しかし、面接はことごとくうまくいかず、仕事は見つからない。

樹(高梨臨)は、重流(丸山智己)と合コンの夜での再会以降、また2人で会うことに。重流は樹に、新しい仕事先を紹介する。それは樹が志望していた、広告会社の企画職の募集だった。そして重流は、樹に伝えなければならない“ある秘密”を打ち明けようとするが、言い出せない。

樹が「蓮」を訪れると、香(若月佑美)も来ていた。幸が、樹の注文を取りに来る。副業の面接に落ちまくった幸は結局、「蓮」でアルバイトを始めたのだった。指宿(生瀬勝久)は、不運過ぎる幸を雇った店の先行きを心配する。香は、卓海(板垣瑞生)と別れるきっかけをくれた指宿にお礼を言う。樹は指宿から、仕事運を占うと言われる。樹は断るものの、指宿が勝手に占いを始めてしまう。すると、“人生の落とし穴”を暗示する不吉な結果が。樹は「次の仕事先、ほぼ決まってますから」と、気にしないそぶりを見せる。

樹は重流に会い、紹介してくれた会社に就職する話を進めようとする。しかし、重流の紹介で樹の採用がすぐに決まるわけではなく、何度か面接を受けなくてはならないことが分かる。すぐに再就職が決まると思っていた樹の期待は、かなわなかった。重流は、今度こそ樹に秘密を打ち明けるつもりだったが、またしても言うことができない。

樹の面接当日。樹が緊張の面持ちで待っていると、卓海(板垣瑞生)が面接官として現れる。樹は面接会場を間違えていた。人生がかかった面接開始まであと6分。しかしこれは波乱の幕開けに過ぎなかった。史上最悪の面接は、度重なる不運で思いがけない方向へと向かい…!?


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)