ドラマ『最愛』宇多田ヒカルによる主題歌タイトルを発表、シンクロする瞬間とは

TV 公開日:2021/10/15 8
この記事を
クリップ

吉高由里子が主演を務める金曜ドラマ『最愛』(TBS系)が、いよいよ本日10月15日(金)よる10時からスタート。宇多田ヒカルが手掛ける主題歌のタイトルが『君に夢中』に決定した。




本作は殺人事件の重要参考人となった女性実業家と、彼女を追う刑事、彼女を支える弁護士の3人を中心に、15年前のとある失踪事件から現在の連続殺人事件へと繋がる謎に迫る、完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。実業家の主人公・真田梨央(さなだ・りお)役の吉高由里子、事件を追う刑事で梨央の最愛の人でもある宮崎大輝(みやざき・だいき)役の松下洸平、梨央の会社の弁護士・加瀬賢一郎(かせ・けんいちろう)役の井浦新をはじめ、薬師丸ひろ子、及川光博、光石研、田中みな実ら多彩な俳優陣が出演し、スリリングな人間ドラマを展開していく。


本作の主題歌を手掛けるのはシンガーソングライターの宇多田ヒカル。音源を第1話の放送内で公開することは既報の通りだが、このたび曲名が正式に決定、一足先に発表することとなった。


タイトルは『君に夢中』。これまで音楽を通してさまざまな世界観を表現してきた宇多田だが、このストレートなタイトル、そして楽曲にはどんな想いが込められていて、ドラマの世界をどう彩ってくれるのか。物語と主題歌『君に夢中』がシンクロする瞬間を、ぜひリアルタイムで体感しよう。


第1話で起こる“事件”は、回を追うごとにその真相が徐々に明らかになっていく。描かれる登場人物の過去や人物像も次第に深まり、恋愛模様も大きく変化していくので、放送回によって主題歌も違う形で心に響くかもしれない。これから3カ月、深まりゆく秋、そして迎える冬とともに、金曜ドラマ『最愛』の世界観にじっくり浸ってみたい。


本作は、金曜ドラマ『アンナチュラル』(2018年)や『MIU404』(2020年)などヒット作を次々と生み出してきたプロデューサー・新井順子と演出・塚原あゆ子、そして2人とは金曜ドラマ『リバース』(2017年)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子と清水友佳子が完全オリジナルで描く。封印したはずの事件が15年の時を経て再び動き出し、かつて心を通わせた梨央と大輝が、連続殺人事件の重要参考人と刑事という立場で再会する。家族や仕事関係者、同郷の仲間など周囲と関わる中で、事件の真相があぶり出されていく。


登場人物にはそれぞれ“最愛のもの”があり、その愛の行方と絡み合う人間模様が大きな見どころとなる。金曜ドラマ『最愛』は本日10月15日(金)よる10時スタート。初回は15分拡大で放送される。


■金曜ドラマ『最愛』
10月15日(金)スタート 毎週金曜よる10:00~10:54
(※初回は15分拡大 よる10:00~11:09)

※本記事は掲載時点の情報です。