綾野剛の座長っぷり「一切の妥協がない」と共演者絶賛

TV 公開日:2021/10/11 6
この記事を
クリップ

7年ぶりのフジテレビ系連ドラ主演となる綾野剛が、10月から新たにスタートする月曜夜10時連続ドラマ枠の記念すべき第1作目、『アバランチ』(10月18日スタート/初回15分拡大)に挑む。


綾野剛×監督・藤井道人の最強タッグが届ける、謎だらけのピカレスク・エンターテインメントとして注目を集めるこの『アバランチ』は、謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描く、新感覚刑事ドラマ。


11日、「新・月10ドラマ『アバランチ』取材会」が開催され、綾野剛をはじめ、福士蒼汰、千葉雄大、高橋メアリージュン、田中要次、木村佳乃の豪華キャストが撮影の合間に登壇し、作品にかける意気込みや撮影秘話を語った。




登壇した田中要次が「もうロゴマークしか情報がない」「コマ数が違うので映像の質感も映画っぽい」と、早速この謎多き『アバランチ』について切り出すと、その先の読めないストーリーについては、千葉雄大も「謎だらけで見た人がどう受け取ってくれるのか楽しみ」「僕自身も台本を読んでいて“こうなるんだ!?”と驚きがあります」と続く。


さらに木村佳乃も「今まで関わったことのない作品」「地上波でやっていいの?ピー(放送禁止音)とか入らないの?って思っちゃう!」「もう目を離さないでください。初回から伏線だらけなので!」と興奮気味に語った。


今回座長を務める綾野剛も、作品について「謎だらけにしなきゃいけない理由もしっかりあって、それがきちんと描かれている台本。言葉ばかりが先行していなくて、役者が言葉を生業にしてるのではなく、“感情”を生業にしている職業なんだなと改めて教えてくれる作品」と、藤井道人監督の手腕と、その息の合ったタッグを口にした。


そんな綾野の“座長っぷり”に関しては、高橋メアリージュンが「幅広くきめ細やかに見てて下さるだけでなく、妥協がなく、ストイックで凄いです。それなのに隙あらばジムにも行っていて!綾野座長は安心して私たちを乗せて行ってくれる船のような存在」と、福士蒼汰は「座長はフェニックスモードに入っちゃうと大変でした!毎秒アイデアが湧いてくるという綾野さんの言葉は本当で、一切の妥協がないんです!」とそのストイックさを表現。


一風変わった座長情報として…、「座長、一方でかわいい一面もあるんです…」と切り出した福士、「昨日聞いたんですけど、実は座長…、フワフワでサクサクしたかわいいお菓子が好きらしいです」と、綾野座長の意外な一面を暴露。


これに綾野も照れ臭そうに「大好きなんだよね~」と応え、会場をフワフワな笑いで包んだ。


撮影現場の良好な雰囲気を感じさせるイベント最後には、「今こそみなさんで手と手を繋いで熱狂していく時。エンターテインメント盛り上げていきます!」「熱狂の力、熱狂が伝わるように、この総合芸術届けて行きたい」と熱く力強く語った綾野剛。


映像面、ストーリー運び、謎と伏線に満ちた画面。どこを切り取っても規格外となることが伺える、革新的かつ挑戦的な作品『アバランチ』。この秋の大注目作になることは間違いないだろう。



■『アバランチ』 
2021年10月18日(月)スタート 
毎週月曜夜10時~10時54分 ※初回15分拡大 カンテレ・フジテレビ系全国ネット

(C)カンテレ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 38件)