乃木坂46山下美月、自身の役に白旗「自分にもし彼氏がいるとしたら連絡をとらない(笑)」

TV 公開日:2021/10/10 11
この記事を
クリップ

10月11日(月)にスタートするテレビ東京系の連続ドラマ『じゃない方の彼女』(毎週月曜、後11:06~)のオンライン記者会見が行われ、主演の濱田岳、山下美月(乃木坂46)が出席した。




ドラマは秋元康が企画・原作を務める完全オリジナル連続ドラマ。大学で助教授として働く地味で真面目な既婚者・小谷雅也(濱田)が、偶然出会った天然魔性系女子大生・怜子(山下)に翻弄される不倫コメディだ。雅也の妻・麗を小西真奈美、雅也の母親・弘子をYOUが演じる。


不倫×コメディという意外な組み合わせの作品だが、濱田は「ハードルがすごく高いですが、挑みのある作品です。雅也は不倫をしてはいるけれど怜子ちゃんに惑わされ、麗さんに追い詰められの連続で、受け身のお芝居がメイン。その中で、どうコメディに持っていくのかが毎日の課題です。2人の女性の間で僕1人がガンガン苦しんでいる滑稽な姿を笑っていただけたらいいのかなと思います」と語る。


天然魔性系女子大生という役どころの山下は「20歳以上年の離れた大学の先生に、娘でもおかしくない年齢の女子大生が魅力的に見えるように考えながら演じています。二十歳の役なので、子どもっぽく見られ過ぎないように、でも若さ故の勢いも大切にしながら、どうしたら不倫の沼に落とせるか考えています」とコメント。あざとくならないように気をつけているそうで、「日常の中で雰囲気のある仕草をなるべくナチュラルに取り込めるように。あとは好きな人と何とも思っていない人へ向ける視線は全然違うと思うので、視線の使い方は意識しながら演じています」とこだわりを語った。


話題は怜子のような魔性系の女性が実際にいたらとの話に。濱田は「友達が怜子ちゃんに狙われていると知ったら、友達に“止めとけ”と言いますね。僕自身も甘い言葉の裏には何かあると考えちゃうので、緊張すると思います」と苦手意識を見せた。山下も「怖いですね。自分にもし彼氏がいるとしたら、その時期はその子と連絡をとらないです(笑)。私は怜子ちゃんのことを分かっているつもりなので悪い子ではないと思うんですけど、目は合わせられないです。恋敵だったら無理。私が身を引きます(笑)」と白旗を上げていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)