城島茂、国分太一&松岡昌宏との業務に関していつもと違う“社長の顔”で語る

TV 公開日:2021/09/22 10
この記事を
クリップ

城島茂質疑応答(抜粋)>

――最近の株式会社TOKIOの活動状況は?
フジテレビに来るときはタレントとして来ているが、今日は初めて社長という肩書で社屋に足を踏み入れたのでいつもと違う感じがした。弊社としては、協業している企業様とともに、商品開発や販売促進活動をさせていただいている。実際に会議に参加して、新しい商品のアイディアを自ら提案したり、自分を含めて3人しかいないが、それぞれ担当の企画案件があるので、打ち合わせをしている。

――社長としての苦労は?
まだまだもっと大変なことがあるだろうが、そもそも起業したモットーが『楽しくやろうね』というのが一同の想いだったので、そこは自分たちの中で楽しくやっている。ただ、それだけでは経営者として会社としても良くないので、もっともっと苦労していかないといけないと思っている。

――社長としての大変さを実感することろは?
国分副社長、松岡副社長と一応役職は決めたが、その中で自分が社長として目を通さなくてはいけない書類等もあり…その辺りを紐解いていくと、街のいろんな企業様の看板であったり、広告を見るとそういうことを経て今の日本経済があるんだと、少し感慨深いものがあり、改めてすごいなと考えさせられる。まさか自分が貸借対照表から始まって、財務三表…、そんなところまで全部見ないといけないとは思っていなかった。

――国分さんと松岡さんは副社長でもありながら、企画担当と広報担当でもあるが、この2人を掌握するコツは?
それぞれに特化したことを信頼して一任している。国分企画担当は、元々彼が色々考えて、慣れないパソコンで企画書を作ったり、松岡広報担当は、広報業務にふさわしく、伝えたいことをきちんと伝えてくれる。グループとしてのパワーバランスはメディアを通してご存知の方も多いが、実際に会社を立ち上げても内部はあまり変わることはなく、チームワークを大事にしていきたい。3人ともに、忙しいが、時間が合う時は必ず会議をしている。

――株式会社TOKIOの中長期目標は?
中期…協業企業様との案件で実際に結果・数字を出すこと。株式会社TOKIOと組むことにメリット、利益を生み出せると感じていただけるような企業になること。長期…自分たちが主体となって案件を進められるような方向にもっていきたい。長期に関しては難しい。理想があってもそこまで辿り着けるかどうか。。。

――そんな城島社長にこの番組のオファーがあったときの心境は?
オフィシャルなところからお話が来たなと、プレッシャーはありつつも、実際に資料を拝見して、いま日本が抱えている問題や現実を目の当たりにし、何か力になれればと思った。

2/3ページ