『私の正しいお兄ちゃん』主演 古川雄大が手掛ける主題歌MVをドラマの監督が演出

TV 公開日:2021/09/20 10
この記事を
クリップ

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて10月15日(金)より配信されるモリエサトシ原作の漫画を映像化したドラマ『私の正しいお兄ちゃん』の主演・古川雄大が手がける主題歌のミュージックビデオを、 本ドラマの監督・プロデューサーを務める河原瑶が演出することが決定した。また、60秒予告も初解禁。

『私の正しいお兄ちゃん』

『私の正しいお兄ちゃん』は2018年から講談社の「BE・LOVE」で連載されたモリエサトシによる漫画が原作のドラマで、 過去を背負った男女の切なすぎる純愛ラブストーリーを描いており、主人公の海利を古川雄大、ヒロインの理世を山谷花純が務める。



大学生の理世はアルバイト先の先輩・海利と出会う。 日々不眠症に悩まされている海利は、なぜか理世の肩を借りるとぐっすりと眠ることができる謎多き青年。理世は両親の離婚で生き別れになった兄に似た面影を持つ海利に惹かれていくが、あるきっかけで海利は殺人者なのでは?という疑惑が…。


古川雄大が手掛ける主題歌MVをドラマの監督が演出

今回、 主演の古川自らが初めて主題歌を手掛けることとなり、 作詞作曲した楽曲のタイトルが『指先、手』に決定。ドラマの演出で特に監督がこだわっていたのが「手」の表現。それがそのままタイトルにも入り、 ドラマの主題歌に相応しい世界観がベストマッチした曲が完成した。その楽曲を乗せた「許されない恋」をテーマにした60秒予告も完成し、初公開。最愛の兄を殺された理世と殺してしまった海利の切ない恋模様にご注目いただきたい。

また、 古川の主題歌MVを、 このドラマの演出とプロデューサーを務める河原瑶が演出することが決定し、 ドラマの配信と同時に公開を予定している。 こちらも完成をお楽しみに。


ストーリーが進む中で次々と明るみに出る真実。愛すること…憎むこと…本当の幸せとは…。ドラマでは、毎話のラストに衝撃の事実が発覚。驚愕の展開が連続するジェットコースター・クライムサスペンス&ラブドラマにご期待いただきたい。


古川雄大コメント

「この度、ドラマ『私の正しいお兄ちゃん』の主題歌『指先、手』をリリースさせていただきます。この世の中で生きていく上で様々な出来事があります。幸せを感じる経験もあれば、絶望を感じるほど辛い経験も…人は過去の経験がトラウマとなり今尚障害となって未来に影響し、その傷を背負って生きてしまう…。なんとかしようと足掻いても、傷が深くなったり、増えたり…癒える事のほうが少ないような気がします。世の中、1人だけで生きていくのはとても困難だと思います。コロナ禍ということもあり、如実にそういったことを感じます。このドラマで主人公とヒロインはお互いに足りない部分を補い合って愛を深めていき、なくてはならない存在になっていきます。恋愛において、自分の足りない部分を補ってくれる存在を求めるというのは自然なことで、重要なことなのではないかと、このドラマを通して感じました。出会い、足りない部分を埋め合い、2人だからこそ見えてくる未来、それを可能にする未知数の愛のエネルギー、そして、そうしなければ生きていけない人間の弱さ、儚さ…両極端のテーマを盛り込み、曲を書きました。この曲もドラマのように登場人物が2人いて、お互いが手を取り合う事で生きる意味を見出していくストーリーになっています。傷を負って何かに縋るように彷徨う指先を手で包み込む…恋人繋ぎではなく、お互い過酷な状況の中、突発的に繋いだ指先と手をイメージしてタイトルにしました。そしてMVもドラマを撮影して下さった河原監督が撮影してくださいます。この曲のタイトルも、ドラマを撮影していく過程で河原監督からヒントをもらいました。とても愛情があって信頼している方なので、一緒に素敵なMVを作っていけることが嬉しいです。楽しみにしていただけたらと思います」


ストーリー

大学生の理世は、アルバイト先で、ずっと会っていない兄に面影の似た海利という青年に出会う。眠れないという海利に肩を貸すうち、理世は、海利に惹かれていき…。しかし、海利のアパートで見てしまった日記には「人を殺した罪からは逃れられない」という文章が…。海利は本当に人を殺したのか…。そして、行き場のなくなった理世の恋の行方は…。次々と明るみに出る真実!愛すること…憎むこと…本当の幸せとは…。


『私の正しいお兄ちゃん』(全8話)

配信:2021年10月15日(金)0時配信

原作:モリエサトシ「私の正しいお兄ちゃん」(講談社「BE・LOVE」所載)

主題歌:古川雄大 「指先、 手」(シンコーミュージック・エンタテイメント)

出演:古川雄大、 山谷花純、 堀井新太、 ダンディ坂野、 喜多乃愛、 佐津川愛美、 橋本マナミ、長谷川純、 飯田基祐 ほか

(C)モリエサトシ・講談社/フジテレビジョン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)