『リコカツ』永山瑛太が助演男優賞、ドラマアカデミー賞発表

TV 公開日:2021/09/08 20
この記事を
クリップ

『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)9月17日号では、第108回ドラマアカデミー賞が発表され、『リコカツ』の永山瑛太が助演男優賞を受賞した。



ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、毎年4回、クールごとに開催。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のNO.1を決定している。


永山瑛太はTBS4月期金曜ドラマ『リコカツ』で主演・北川景子演じる咲の夫“紘一さん”を熱くコミカルに演じた。


【関連】『リコカツ』見せないキスも大反響、永山瑛太は最終回まで愛おしすぎる“紘一さん”


最優秀作品賞に輝いたのは『ドラゴン桜』。


同作からは阿部寛が主演男優賞も獲得した。

【関連】『ドラゴン桜』号泣必至…新垣結衣ら新旧混じるサプライズで紡いだラストメッセージ


また主演女優賞は『大豆田とわ子と三人の元夫』の松たか子、助演女優賞は『コントが始まる』の有村架純に決定した。


誌面では、各賞の受賞者からの喜びのコメントを掲載している。


第108回は、松たか子と坂元裕二脚本によるタッグ作『大豆田とわ子と三人の元夫』が主演女優賞、ドラマソング賞、監督賞、脚本賞、特別賞(伊藤沙莉が受賞)に輝いた。松と坂元のタッグ作が主演女優賞、ドラマソング賞、監督賞、脚本賞を獲得するのは『カルテット』(TBS系)以来2度目となる。


受賞結果はwebサイト「ザテレビジョン」にて公開中。


「ドラゴン桜」(C)TBS
阿部寛 撮影=石塚雅人
松たか子(C)フジテレビ
永山瑛太 撮影=石塚雅人
有村架純(C)NTV

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)