真犯人は誰だ!?生駒里奈、佐野勇斗ら『真犯人フラグ』総勢30人以上の豪華キャスト集結

TV 公開日:2021/09/06 12
この記事を
クリップ

日本テレビにて10月10日(日)からスタートする、2021年10月・2022年1月期放送の新日曜ドラマ『真犯人フラグ』に、総勢30名以上の豪華実力派キャストの出演が決定した。


TBS日曜劇場など多くの話題作に次々に出演し注目を集める若手俳優・佐野勇斗、『あなたの番です』にも反撃編から出演した実力派俳優・田中哲司、確かな演技力で映画・ドラマに引っ張りだこの桜井ユキ、乃木坂46卒業後、舞台を中心に女優として活躍中の生駒里奈、映像から舞台まで数多くの作品に出演し独自の存在感を放つ柄本時生、さらには個性的な魅力で作品を支える名バイプレイヤーの渋川清彦、深水元基、迫田孝也、正名僕蔵ほか、総勢30人以上のキャストが集結。


こんな演技巧者の豪華俳優陣が演じるのは、西島秀俊演じる主人公・相良凌介が巻き込まれる、母子失踪事件をめぐる“怪しい”登場人物たち。正体不明の者、主人公の親友や会社関係者、妻のママ友、新居の担当者からYouTuberまで、それぞれのキャラクターがあらゆる思惑で動いていく。

【関連】西島秀俊『あな番』チームが仕掛ける新作ミステリーに主演、2クール連続で今秋スタート


一体、誰がどう事件に関与しているのか?“真犯人”はこの中の誰なのか…!?多彩なキャストの演技合戦にも注目だ。半年間のノンストップ考察ミステリーに期待が高まる。

<あらすじ>

主人公・相良凌介(西島秀俊)は、中堅の運送会社に勤める平凡なサラリーマンで、おっとりしていてお人好し。明るくチャーミングな妻の真帆(宮沢りえ)は、スーパーでパートをしながら家計を支えるしっかり者。仲良し夫婦の2人には高校生の娘と小学生の息子がおり、郊外に念願のマイホームを建設中だ。そう、家族4人“一点の曇りもない幸せな家庭”のはずだった…あの日までは。ある日、妻と子どもたちが忽然と姿を消した…。何の手がかりも掴めない中、失踪が明るみに出たことで一気に世間の注目を浴びる凌介。しかし、とあるSNSの投稿で“悲劇の夫”から一転、“疑惑の夫”に…!「あのダンナが殺したんじゃないの?」と、家族を殺害した“真犯人フラグ”を立てられながらも、頼れる部下・二宮瑞穂(芳根京子)の助けを借り、真実を暴く戦いに挑んでいく…!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 35件)