杉野遥亮「こんなことあるのかな」出演ドラマでまさかの3度目タッグ

TV 公開日:2021/08/25 8
この記事を
クリップ

年の離れた姉弟が束の間の二人暮らしをする日々を描いた人気漫画「僕の姉ちゃん」を、テレビ東京にて実写ドラマ化。Amazon Prime Videoにて2021年9月24日(金)に全話一挙先行配信する。



原作は、雑誌『anan』で長期連載中の「僕の姉ちゃん」(マガジンハウス刊)。姉・白井ちはるを黒木華、辛辣な姉に翻弄されるが素直に話を聞いてくれる弟・白井順平を杉野遥亮が演じ、監督・脚本を吉田善子が務める。


そんな本作のエンディングテーマがOKAMOTO’Sの『Sprite』に決定した。


OKAMOTO‘S が2021年1月から精力的に発表してきたデジタルリリースの集大成として、9月に配信するアルバムのトップナンバーでもある『Sprite』。ささやかながらグっと来るエピソードが満載のドラマの締めくくりをOKAMOTO‘Sの切なくメロウな楽曲が包み込む。楽曲は本日から配信中。


OKAMOTO’Sからコメントが到着。OKAMOTO’S×杉野遥亮×テレビ東京のタッグは、なんと3回目。弟・白井順平役の杉野遥亮からも、コメントが到着している。


<OKAMOTO’S コメント>

今回ドラマのエンディングテーマを担当させていただけること光栄です。
俺たちの曲の中でも1番今輝いてた一曲が、ドラマの最後に流れてくることでドラマにもそしてOKAMOTO'Sの曲としても新しいレイヤーを生んでくれると思います。皆さんにも気に入ってもらえたら嬉しいです!

オカモトショウ(OKAMOTO’S)


<杉野遥亮 コメント>

「直ちゃんは小学三年生」オープニングテーマの「Young Japanese」や「東京怪奇酒」エンディングテーマの「Complication」とOKAMOTO'Sさんに曲を手がけていただいて、今回で3作目、全てテレビ東京なのでこんなことあるのかなと思いました。僕はアーティストではないので、音楽のことを色々と語るのはおこがましいのですが、今回はどんな楽曲になるのだろうと思っていました。実際に聞いてみたら想像とは違っていて、「Sprite」はより一層「僕の姉ちゃん」という作品に寄り添ってくれる印象を受けました。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)