乃木坂46 掛橋沙耶香、ギター弾き語りをCM初披露「結構練習しましたね」

TV 公開日:2021/08/25 25
この記事を
クリップ

SUENAGAグループは、イメージキャラクターである乃木坂46掛橋沙耶香を起用した新TVCM『弾き語り』篇を、2021年8月25日より岡山県・香川県内で放映開始する。



本CMのコンセプトは、前作に続き“ジブンに挑戦する人”。前作はボクシンググローブをはめ、普段のイメージとは違うアクティブな姿を披露したが、今回は、掛橋自身が最近チャレンジしている弾き語りに挑んでいる。掛橋は昨年からイメージキャラクターとして活動しているが、掛橋の日々挑戦する姿がSUENAGAグループの方針と重なり、この度のCMも起用することとなった。


今回の撮影は、掛橋の地元・岡山県の絶景スポットとして知られる、王子ヶ岳で行われた。本編は、そんな雄大な自然の風景が広がる王子ヶ岳の山頂付近、有名なニコニコ岩もある瀬戸内海を望む絶景ポイントで、掛橋がリラックスするシーンからスタート。絶景が広がる断崖で、掛橋が岩の上に腰を下ろし、「変わっていくジブンじゃなくて、変えていくジブンでいたい」という気持ちを胸に、強い眼差しで遠くを見つめる。

緑に囲まれた野山に寝転んだ掛橋は、輝く太陽と自分の未来を重ね、笑顔で手を伸ばす。「いつだって、前を向いていたい。いまだって、チャレンジしていたい…」というナレーションの後、大自然を駆け抜けた掛橋は「明日を変えるのは誰かじゃなくて自分だから~♪」と、自身のギター弾き語りに合わせて歌う。最後は岩の上でギターを抱えながら身体を伸ばし、リラックスする掛橋の姿が見られる。


<新CM撮影エピソード>

当日は晴天の下、岡山県の絶景スポット・王子ヶ岳の山頂付近で撮影。撮影場所となった王子ヶ岳の雄大な景色や世界観を伝えるべく、ドローンを使いながら撮影を行った。断崖での撮影だったが、掛橋は地元岡山の撮影ということも相まって、リラックスした様子で撮影に挑んでいた。また今回、CMでは初披露となったギター弾き語りだが、「結構練習しましたね」と笑顔でコメント。撮影の合間にもギターと歌を練習し、ストイックに打ち込む姿が印象的であった。一方で、撮影の合間にカメラに向かってピースしながら笑顔を向ける愛らしい姿も。撮影中には掛橋の歌声に誘われて?寄ってきた猫と戯れる姿に、撮影スタッフも癒されていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)