「毎話泣ける」の声続出 『#家族募集します』第4話は思わぬ秘密が発覚

TV 公開日:2021/08/20 6
この記事を
クリップ

「毎話泣ける」「涙止まらない」という声が続出しているドラマ『#家族募集します』(TBS系、毎週金曜夜10時~)。



先週、約1か月ぶりに放送された第3話では、主人公・俊平(重岡大毅(ジャニーズWEST))が、ついに息子・陽にママが亡くなったことを告げ、みんなでその様子を見守った。


【第3話をじっくり振り返る】『#家族募集します』重岡大毅“2つの涙”に視聴者号泣、丁寧に描かれた新しい一歩


第1話で、「一緒に泣いて、一緒に笑って一人の気持ちをみんなで一緒にシェアするのが家族だよね」と俊平が言う場面があったが、第3話の屋上での肩車シーンは、まさに俊平と陽の気持ちをみんなが一緒の気持ちになって“シェア”している場面だったと言えるだろう。


「シェアする」という言葉は、SNSでは<シェア>というボタン一つで簡単にできてしまう気軽な響きを持っているように感じる。しかし、実際に気持ちを“シェア”するまでにはいくつもの段階があり、葛藤があり、そして簡単にはシェアできない気持ちだってある。第3話ラストシーンで、俊平が妻を亡くした一人の男として流した涙は、悲しみを自分で受け止め、妻のいない生活を本当の意味でスタートするのに必要な涙だったのではないかと思う。


それでも、このドラマのタイトルは『#家族募集します』。物語の始まりは、蒼ちゃん(仲野太賀)が思いつきで「#家族募集します」と投稿したことからスタートしている。

血のつながりもない、つい最近まで知らなかった他人と“家族”になる。一緒に泣いて、一緒に笑って、その人のために何ができるか考えて、背中を押して、見届けて…。何の根拠もないのに信じられて、「ただいま」と帰る場所になり、「おかえり」と迎える場所になる。「にじや」に集う人たちを見ていると、他人を想う優しい気持ちやあったかい関係が、SNSで<シェア>するボタンのように広がったら素敵だな、とも思うのだ。


今夜の第4話。またも「#家族募集します」をきっかけに、新たな人物が「にじや」にやってくる。演じるのは、『MIU404』以来の金曜ドラマとなる橋本じゅん。熱くて人間味のある“陣馬さん”とは違い、常に仏頂面で高圧的なシングルファーザー。波乱を予感させるが、果たしてどんな事件が起こるのか。


また、注目なのは礼(木村文乃)の秘密。第3話では、「私も雫にちゃんと伝えるべきこと、誤魔化してます。パパとどうして一緒にいられないのか。“お仕事で忙しい。”そうとしか答えられません。」というセリフがあったが、予告映像にある「まだみんなに話してないこと」とは?


第1話~3話が約3分でわかるダイジェスト動画もTBS公式 YouTubooで公開されている。まだ観ていないという方でも、これまでの流れをさらりと確認できる。


今週も涙する金曜の夜となるのか。第4話は今夜10時から放送。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)