神木隆之介、西野七瀬の印象は「沸々と心の中で“かましたい”って思ってらっしゃる方」

TV 公開日:2021/08/12 9
この記事を
クリップ

不動産・住宅情報サイト『SUUMO』は、2021年8月14日(土)より神木隆之介、西野七瀬を起用した新TV-CMの放送を開始する。前回の『SUUMO』CMでは、一人ずつの出演だったが、今回はスーモハウスを舞台に神木と西野の共演が実現した。


前作に引き続き、神木隆之介と西野七瀬がスーモハウスの住人という役で登場。スーモハウスの中庭で、神木が『SUUMO』の地図をなぞって検索できる機能で物件を探す方法を説明しようとするが、西野は説明を聞かずとも「公園の周りとか~、駅の近くとか~」と使いこなす。そんな西野を見てあっけにとられきょとんとする神木と、そんな神木を気にすることなく夢中で探し、良さそうな物件を見つける西野という対照的な二人の様子がコミカルに描かれている。


<撮影の様子>

6月某日、都内スタジオにはすてきな庭先の風景が広がっていた。二人とも『SUUMO』CM出演は2度目。前作はそれぞれのお部屋の中でのシチュエーションだったこともあり、スーモハウスの中庭という設定に「外に出られてうれしい」「こんなすてきな敷地内に(家が)あったんだ」と前作との雰囲気の違いを楽しんでいる様子。今回のCMでは物件探しに夢中な西野に、存在を忘れられている神木。西野に存在をアピールする演技はユーモアにあふれ、その必死な様子に西野も笑いをこらえながら演じている姿が印象的だったという。撮影の合間も最近プレイしているゲームや、YouTubeでよく見るゲーム実況チャンネルの話など、ゲーム好きな二人ならではの共通の話題で盛り上がっており、終始和やかな雰囲気で撮影が進んでいった。


<特別インタビュー>

――今回『SUUMO』のCMでは初共演でしたが、お互いどのような印象ですか?

神木:あまり多くを語らない方という第一印象だったのですが、今は沸々と心の中で「かましたい」って思ってらっしゃる方なのかなって思っています(笑)

西野:自覚はなかったので、もしかしたら自分では気が付いていないどこかでは「かましたい自分」がいるのかもしれないです。神木さんの印象については、ふざけるのが大好きで明るい方だなと思っています。

――ご自宅での有意義な過ごし方、至福の時間は?

神木:お菓子を食べながらゲームをすることです。僕にとってゲームはもう一つの生きる世界みたいな認識です。別の広い世界に行けるので、それはすごく至福です。

西野:私はお昼寝です。昼過ぎに仕事が終わる日がたまにあるのですが、家に帰って座椅子に座ってクロスワードパズルを解きながら、寝落ちするのが結構好きです。

――最近のお部屋の変化は?

神木:結構ひどく散らかっていたので、服とか書類とかを一気に片づけました!ただ、服を畳むのが下手で、畳んでいるのにしわくちゃになってしまっています(笑)

西野:私はテレビ台を買い替えました。今までは母のお古を使っていて、使い勝手はすごく良かったんですが、「これ欲しい!」というのが見つかりました。ラタン調のデザインがすごくお気に入りで、見るたびに可愛いなって思っています。

――今年やっておきたいことは?

神木:季節の風物詩をなかなか感じられなくなってしまったので、夏なら花火のような夏っぽいことをしたいなという願望はあります。

西野:私は夏が苦手なので、お家で夏っぽいものを食べます。

神木:僕は、浴衣を着て、部屋を真っ暗にしてYouTubeで長岡花火の映像見ながら焼きそば食べたことがあります。「やっぱりすごいなぁ」って言いながら食べました。

西野:えー、いいですね!じゃあそれを受け継いで、今年はそれをやってみます!!(笑)


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)