桃月なしこ&工藤遥、ホラーより「世の中で一番怖いこと」

TV 公開日:2021/08/10 32
この記事を
クリップ

東映の映像配信作品ブランド「Xstream46」の第三弾『ようこそ東映殺影所へ』が、8月“13日の金曜日”に配信スタート。舞台となるのは実在する東映東京撮影所。売れないアイドルグループ「ウィッシュ」のサキ(桃月なしこ)、カホ(寺本莉緒)、メイ(工藤遥)に大ヒットジャパニーズホラー映画『ユガミ』続編の出演オファーが届く。東映撮影所にきた3人はヒーローや怪人の撮影現場に大興奮。だが、この撮影所には隠された秘密があり…という物語。そこでサキとメイを演じた桃月なしこ、工藤遥に直撃、映画の裏話や3人の関係についても聞いてきた。



桃月なしこ&工藤遥、お互いの印象は…

――まずは『ようこそ東映殺影所へ』への出演が決まったときの感想からお願いいたします。

桃月「ずっとホラー作品に出たかったので、夢がかなった!って思いました」

工藤「私はホラーが苦手なんです。でも台本を読んだら、これはサイコホラーだ!って感じたので、ホラーとは違う面白さがあるんじゃないかなって思いました」

――お2人が演じるのは売れないアイドルグループのサキとメイ。どんなキャラクターですか。

桃月「サキはグループのリーダーで正義感があって、2人を引っ張っていかなきゃって思っている子ですね。ただ、責任感が強すぎて、焦っているところもあって。だから映画出演のチャンスは絶対にモノにするんだ!っていう強い意思のある子だなって印象を受けました」

工藤「私が演じたメイちゃんは、あまり穏やかな子とは言いにくいんですよね(笑)」

桃月「ふふふ」

工藤「でも、自分の身を削ってでもグループのために何かしようとする強い意思を持っていて。もし私がメイちゃんの友だちだったら、導いてあげたいって思った女の子です」


――メイって「俺っ子」なんですよね?

工藤「そうなんです。どうやってナチュラルに“俺”って言えば良いのかが分からなくて。普段、“俺”なんて言葉を使わないのですごく苦労しました」

桃月「全然、違和感なかったよ!」

工藤「ホント?良かったぁ!」

桃月「普段から言ってるんじゃないかっていうぐらい普通でした(笑)」


――現場での工藤さんは、どんな方でしたか?

桃月「私は結構、人見知りで。どちらかというと自分から話しかけるタイプではなかったんですけど、工藤さんがすごく話しかけてくれたんです。壁を作らずに私や寺本さんと絡もうとしてくれたので、工藤さんがいるだけで私はすごく安心感がありました」

工藤「良かったぁ」

桃月「しかも年下なのにすごいしっかりしているんです。いつも頼りにしていました」

工藤「そう言ってもらえて、すごくうれしいです」


――現場での桃月さんは?

工藤「最初に会ったときの第一印象から強い芯を持った女性というのは最後まで変わりませんでした。私は普段から、付いていくっていうより、付いてきてもらう側って認識してたんですけど、桃月さんはザ・姉御っていう感じで(笑)。付いていかせてください!っていう頼もしさがありました。キャラクターにもその強さがリンクしていたので、セリフにもたたずまいにも説得力があって。私も莉緒ちゃんも現場では姉さんについていくだけ!っていう感じでしたね」

桃月「一応、年上なので、そうでないといけないかなぁと思っていたんですけど、根っこの部分では正直、工藤さんにめちゃ頼ってましたね(笑)」


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 42件)