『彼女はキレイだった』中島健人、ツンデレ“指キュン”シーンに悶絶

TV 公開日:2021/07/20 15
この記事を
クリップ

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるカンテレ・フジ系火曜よる9時連続ドラマ『彼女はキレイだった』の第3話が今夜放送される。

このドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブ・ストーリー。


先週放送された第2話では、宗介から「プロの自覚がない人間は必要ない」などと厳しい言葉を投げられた悔しさから奮起し、ファッションについて猛勉強する愛のけなげな姿にSNSでは「愛ちゃん、かわいそう」「頑張れ~」など愛を応援するコメントが多く寄せられTwitterのトレンドに“#愛ちゃん”が上がった。また、第1話に続いて今回も「#彼女はキレイだった」がTwitterの世界トレンド1位となった。


今夜放送の第3話では、宗介が提案したジェームス・テイラーとのコラボ企画を成立させ、そのお祝いを兼ねて編集部で食事に行くことになる。しかし、会社に残業していた愛は、ファッション誌「ザ・モスト」が廃刊の危機にある事を宗介が電話で話しているのを聞いてしまう…。


第3話について中島は「宗介のいろんな感情が見える回だと思います。笑ったり、驚いたり、今までにない宗介の新たな一面が見えるし、あとは愛がさらに成長していきます。第1話・第2話で愛を応援する方がたくさん増えたと思うので、そんな愛をもっと応援したくなって、愛の前に立ちはだかっていた宗介の新たな楽しい一面も見える場面展開がジェットコースターのような回になっていると思います。まさにジェットコースター・ロマンスです!」と先輩の曲に絡めて話した。


また、第3話では、指にけがをした愛に宗介がばんそうこうを貼ってあげるシーンがある。今まで、愛に対して厳しく向き合ってきた宗介が片手でうまくばんそうこうを貼れない愛を見かね、手をとり代わりに貼るシーンは、これまでの宗介とはひと味違う“ツンデレ”シーンとなっている。そのシーンについて中島は「“指キュン”ですね(笑)。自分の中でも宗介の気持ちを作って、現場で愛に対してどう接するかというモチベーション作りをしました。人に対して絆創膏を貼ったことがないので、自分自身も器用にできるかなって(笑)。そこは小芝さんと僕の共同作業でとてもいいシーンになったのではないかなと思います」と話した。


そして、中島自身が推す第3話の見どころはラストシーンと話す。「絵画的な美しさで、自分が出演してきた作品や見てきた作品の中でもトップクラスに美しいシーンが撮影できたと思うので、最後のシーンは皆さんにご注目いただきたいなと思います。宗介と愛が初めて、少しずつ心を通わせていくシーンにもなっています」と話すシーンはぜひ、放送で見ていただきたい。


また、先週放送された第2話の5分ダイジェスト動画も公開中なので要チェック。さらに、第3話放送直前の今夜7時から、小芝風花アカウント(@fuka_koshiba_official)とドラマ公式アカウント(@kanokire.tue21)のコラボインスタライブが決定。ライブにはドラマで佐藤愛を演じる小芝風花と樋口拓也を演じる赤楚衛二が登場し、ドラマの見どころなどを語る(※当日のスケジュールにより時間が変更になる可能性もあります。ご了承ください)。


【2話振り返る】赤楚衛二『彼女はキレイだった』で魅せる驚異の“胸キュン”威力が半端ない


『彼女はキレイだった』

毎週火曜夜9時(カンテレ・フジ系全国ネット)

【出演】中島健人 小芝風花 赤楚衛二 佐久間由衣

髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 宇垣美里 寒川綾奈 村瀬紗英 山田桃子

/ LiLiCo 木村祐一 菅原大吉 / 本多力 片瀬那奈 他

【原作】「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ

【主題歌】Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)

【オープニング曲】Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)