濱正悟、日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話に出演

TV 公開日:2021/07/14 9
この記事を
クリップ

濱正悟が7月18日(日)放送のTBS系日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』第3話に出演する。


“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)のことを指す。MERのメンバーは危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、 “一人も死者を出さないこと”をミッションに、負傷者にいち早く救命処置を施していく。


第1話、第2話ともにツイッターでトレンド入りを果たし、毎話話題となっている本作だが、7月18日放送の第3話では凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生する。現場に急行したTOKYO MERのチーフドクター・喜多見幸太(演:鈴木亮平)は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張するが、メンツを気にして口を出すなという警察と対立する。激しい銃撃戦の極限状態の中で、命をあきらめない喜多見は最前線での緊急オペを決行する…といったあらすじで第3話もTOKYO MERメンバーが負傷者の命を救うため自らの危険を顧みず奮闘する様子が描かれる。


濱が演じるのは立てこもり事件の現場に駆け付けたSIT隊員・中野悟志役で出演。

ヒーローを演じ注目を集めた『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の放送後、ドラマ『コーヒー&バニラ』、『お茶にごす。』、映画『酔うと化け物になる父がつらい』、『ナポレオンと私』など様々な作品に出演し、幅広い役柄を演じてきた濱。これまで数々の名作ドラマを生み出してきた日曜劇場でどんな役を演じるのか、要注目だ。


ⒸTBS


※本記事は掲載時点の情報です。