2年ぶり開幕、なにわ男子が高校野球の“へぇ~!”を学ぶ

TV 公開日:2021/07/14 5
この記事を
クリップ

昨年開催されるはずだった「第102回全国高校野球選手権大会」は、新型コロナウイルス感染拡大が止まらず、交流試合となり、甲子園を目指し、練習を重ねてきた球児たちの悔しさは、計り知れないものだった。


そして今年、2年という長い時を経て、ついに夏の高校野球が8月9日(月)に開幕する。2年分の思いを胸に、球児たちはどんなプレーをし、どんな感動を私たちに届けてくれるのか!?


そんな彼らの姿を、後方から支え盛り上げようと、ジャニーズJr.の若きエースたちが、高校野球を題材にした番組に登場する。


今年、「高校野球応援し隊」に就任したなにわ男子は、開幕前日のスペシャル番組『驚学甲子園』(ABC)に登場。高校野球にまつわる驚きの歴史や記録、甲子園の秘密などをがっつり学んでいく。


そして、なにわ男子の弟的存在“関西ジャニーズJr.”の小柴陸は、本大会の試合と試合の間に放送されるショートドラマ『海と空と蓮と』で主人公を演じる。


北海道の離島で実際に起きた高校野球をめぐる感動の物語を、ドラマ初主演らしく、初々しい演技で彩る。 また同じ野球部員の成田青空役を演じるのは、昨年のNHK朝の連続小説『エール』で高校球児役を好演した伊藤あさひ。 さらに、脇を固めるのは、今回がドラマ初出演となる元プロ野球選手の上原浩治。新鮮かつ感動のドラマが紡がれる。両番組ともご覧いただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)