10月期水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』に決定、杉咲花が盲学校生役

TV 公開日:2021/07/13 12
この記事を
クリップ

10月スタートとなる日本テレビ系新水曜ドラマが『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』に決定した。



このドラマは、光と色がぼんやり分かる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコが、誰からも恐れられている不良少年・黒川森生(もりお)に出会い、不器用ながら少しずつお互いのことを理解し惹かれあっていく、新世代ラブコメディー。


主人公である盲学校生・赤座ユキコを演じるのは、朝の連続テレビ小説『おちょやん』以来、初ドラマ出演の女優・杉咲 花。本作が日本テレビ系ドラマ初主演となる。


原作は、『ヤンキー君と白杖ガール』(うおやま/KADOKAWA)。


WEB連載での閲覧数累計2,000万PVを突破した話題作のドラマ化だ。


<人物設定>

赤座 ユキコ(あかざ・ゆきこ) …杉咲 花

盲学校高等部3年生。「色がうっすらわかる」「ルーペを使えば大きい字を認識できる」程度の弱視で、外を歩くときは白杖を持っている。見かけによらず口が悪いが、気を許すと天然で可愛らしい一面を見せる。ある日、ヤンキーの森生と出会い、なぜかまとわりつかれるように。初めは森生に冷たい態度をとるユキコだったが、次第に彼の真っすぐさに惹かれるようになる。数年前に母を亡くし、父と姉・イズミとの3人暮らし。


<主演・杉咲 花 コメント>

■原作を読んでの感想は?

二人が少しずつお互いのことを知りながら、不器用に惹かれあっていく姿がコミカルに描かれる中で、「普通ってなんだろう?」ということを問いかけている作品で、すごくリアリティを感じました。胸がキュンとしたり、思わず笑ってしまったり、応援したくなるような描写もありつつ、共感できるポイントもたくさんある作品だと思います。


■ユキコという主人公をどう感じましたか? ご自身との共通点はありましたか?

とてもピュアな人だと思いました。恋に対して臆病になってしまっているユキコが、森生からのアプローチに強気で反応しながらも実は動揺してしまっているという姿はとても可愛らしくて、クスッと笑ってしまうような愛おしさのある人だなと感じました。共通点は、自分が身につけるものにこだわったり、それを楽しんでいるところです。また、不器用でうまく伝えられない部分もありながら、基本的には自分の感情に正直で、嘘をつかない素直なところに魅力を感じました。


■ユキコの恋の相手となる森生についてはどんなキャラクターだと感じましたか?

「海は広い!犬は可愛い!ユキコさんが好き!」みたいな…。感情のホームランを常に打ち続けているような真っ直ぐさが憎めないなと感じ、とても好きなキャラクターです。


■今作のタイトルはズバリ「恋です!」。杉咲さんご自身をひと言で表すと……「〇〇〇です!」には何が入りますか?

「ごはんが好きです!」料理をすることも食べることも好きで、生きる楽しみです(笑)。一日の中でごはんを食べる時間が一番好きです。好きなメニューは豚しゃぶで、自分でもよく作ります。


■最後に、この作品を楽しみにしている視聴者の皆さんへメッセージをお願いします。

一見交わることのなさそうな二人が惹かれあっていく姿にキュンとしたり、ハラハラさせられたり、思わず笑ってしまったり。そして、自分にとってのコンプレックスだと感じていたものすらも、なんだか愛おしく感じられる瞬間があるような、観てくださる方にとって勇気づけられるような作品になったらいいなと思っています。ぜひ、楽しみにしていただけたら嬉しいです。


<原作・うおやま コメント>

「見えにくさ」を抱える人のことを知ってもらいたくてひとりで始めたマンガが、様々な方に支えられて少しずつ広がり、このたび素晴らしいキャストとスタッフの皆様に実写化して頂けること、奇跡だと感じています。マイノリティ同士のラブコメだからこそ、生きづらいと感じている多くの方の心に寄り添えるドラマになる、と楽しみにしています!


<日本テレビ 情報・制作局プロデューサー 森 雅弘 コメント>

とにかく明るく、パワフルで優しいうおやまさんの原作を、杉咲花さんと言う素晴らしい俳優さんとテレビドラマ化できる事が本当に楽しみです!誰しもが「心のすさみ」を感じる事が増えた今の時代だからこそ、人を理解し、少しでも優しくなれるきっかけとなるような、少しでも前向きな気持ちになれるようなドラマをお届けできるよう頑張ります。


平野紫耀&杉咲花、キラキラ笑顔でぴょんぴょん姿を披露


新水曜ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」
10月スタート! 毎週水曜よる10時 放送
原作 :「ヤンキー君と白杖ガール」(うおやま/KADOKAWA)
脚本:松田裕子
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:森 雅弘 小田玲奈 鈴木香織(AX-ON)
演出:内田秀実 狩山俊輔

(C)日本テレビ
書影(C)うおやま/KADOKAWA

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)