キスマイ出演ドラマに驚きの裏エピソード「座長がですね、時にNGを…」

TV 公開日:2021/07/02 20
この記事を
クリップ

Kis-My-Ft2の横尾渉、藤ヶ谷太輔、千賀健永が出演するドラマ『ConneXion』の配信が7月2日(金)よりdTVでスタートした。


本作は藤ヶ谷が作詞し、千賀が振り付け、横尾がファルセットを担当した楽曲『ConneXion』をイメージして作られた物語。3人で作った曲ということもあり、企画段階から3人の意見も多く取り入れられ、完成したというから楽しみで仕方ない。


舞台の設定は政府が施行した“特定婚姻法”により、30歳以上の未婚者は自動的にAI婚活 “ConneXion”に登録され、婚活する義務を負うことになった近未来。冒頭は幼馴染みの榛名真治(横尾)と赤社悠琉(千賀)の会話シーンから始まる。横尾渉といえば、キスマイファンにとっては、カミカミキャラとしてあまりにも有名だ。ドラマも2018年に放送した『○○な人の末路』(日本テレビ)以来、久々の出演。どんな表情を見せてくれるか…と、期待といささかの不安もあったが、やっぱりメンバーと共演というのが大きかったのだろう。とっても自然だったように見える。2人で待ち合わせた海辺のカフェに1分遅れてきた真治に「おせーよ、遅すぎる!」と怒る悠琉。どうやら強制的に婚活させられることや、勝手にプロフィールを作られることに納得がいかず、悠琉はすでに腹を立てていたようだ。一方、真治のプロフはすっかすかでほとんど何も書かれていない状態。悠琉に言わせれば「真治は引っ込み思案、根暗、あきらめ体質、嫌われたくない症候群などなどネガティブの権化のようなヤツ」。


そんな真治にAIがマッチングした女性のプロフが届く。まもなく政府が主催するマッチングパーティーに2人が出席すると、そこに現れたのが西洞院将(藤ヶ谷)だ。将は西洞院財閥の御曹司で、タキシード姿はめちゃくちゃエレガント。実は将も真治と悠琉とは幼なじみであり、将と久々の再会を果たした真治と悠琉は…。


すでに公開されているコメント動画ではクランクインを迎え「今日からカマないように頑張っていきたいと思います!」と気合い満々の横尾渉。また「いろいろ僕ら裏設定がありまして、皆さん、気付いてくれたらうれしいなぁ」という横尾は「セリフに入れたり、セットの中に何かがあったりと、いろいろなことをやっていますので、隅々まで見てください」と言っている。むぅ~、めちゃくちゃ気になる!もしかして第1話からすでに伏線が張ってあるのか!?これはもう探すっきゃない!


1/2ページ