『DIVE!!』最終話、オリンピック行きを掴むのは誰?「今からドキドキわくわく」

TV 公開日:2021/06/30 12
この記事を
クリップ

ジャニーズJr.の人気グループ「HiHi Jets」の井上瑞稀、高橋優斗、作間龍斗がトリプル主演を務めるドラマホリック『DIVE!!』(テレビ東京ほか、毎週水曜深夜0時12分)が30日、アメーバオフィシャルブログを更新。最終話目前に「彼らの雄姿を最後まで見届けてください」と呼びかけ、ファンから反響を呼んでいる。


ドラマ『DIVE!!』は、高さ10メートルから時速60キロで降下し、わずか1.4秒の空中演技の美しさと正確さを競い合う水泳・飛び込み。この飛込競技を題材とした、直木賞作家・森絵都の同名小説(角川文庫)が原作。所属するダイビングクラブの存続を懸けて、オリンピック出場を目指す中高生3人の成長を、熱く爽やかに描いた青春物語。3人は、目標や夢に向かって努力する高校生・坂井知季(井上瑞稀)、富士谷要一(作間龍斗)、沖津飛沫(高橋優斗)を演じる。

最終話放送前に更新したブログは「ついに本日6月30日(水)「DIVE!!」最終話 深夜0時30分から放送です!!(本日は放送時間が30分遅くなっています!)」や、同日夕方5時40分から放送する同局の音楽特番「テレ東音楽祭2021」に、「HiHi Jets」が出演することをお知らせし、「こちらも合わせてお楽しみください」と呼びかけた。


続けて、井上の笑顔のシーンカットとともに「泣いて笑っても最後の最終話」と触れながら、「見事、オリンピック代表選手選考会で勝ち、オリンピック行きを掴むのは、果たして誰なのでしょうか!?」とコメント。


最後は「ドラマの美術部さんが、この撮影用に作ってくださいました!」と知季や要一、飛沫が所属する「ミズキダイビングクラブの横断幕の写真や、「瑠東監督のお知り合いの方にお願いをして、描いていただきました」と一人語りのブロックで唯一無二の世界観の背景を彩った“一筆書きのドラゴン”の写真など、撮影裏側に潜入した様子とともに、「「DIVE!!」本日で最終回です!!皆様、ぜひご一緒に、彼らの雄姿を最後まで見届けてください お楽しみに!!」と呼びかけブログを締めくくった。


この投稿にファンからは「最終話どうなるのか今からドキドキわくわく」「最終話しっかり見届けたいと思います」「今年は春先からこの初夏までDIVEとともに 楽しく過ごせました」「貴重なアオハル期をドラマ通して感じられ見られたことが嬉しかった」「ラストダイブ、しっかりと見届けさせてもらいますね!!!」「みんなの勇姿見届けます!!」「貴重な撮影の裏側を紹介していただきとても有難い」などの声が寄せられている。


ドラマホリック『DIVE!!』第12話は、6月30日(水)深夜0時30分より放送。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)