『泣くな研修医』白濱亜嵐らのクランクアップショット大公開「本当に素敵な現場」

TV 公開日:2021/06/28 15
この記事を
クリップ

6月26日に最終回を迎えたダンス・ボーカルグループ「EXILE」のパフォーマーであり「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のリーダーを務める白濱亜嵐が主演を務める連続ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系)が27日、アメーバオフィシャルブログを更新。白濱や共演者らのクランクアップショットを大公開した。




同ドラマの原作は、現役外科医・中山祐次郎の小説デビュー作にしてベストセラーの『泣くな研修医』。都内の総合病院を舞台に、一人前の医者になることを目指す研修医たちが、苦難や葛藤を乗り越えながら成長する姿を描いた物語。白濱は、テレ朝ドラマ初主演となり、初の医師役に挑む。地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修することになった研修医・雨野隆治(あめの・りゅうじ)役を演じる。


最終回放送翌日に怒涛のブログ更新。まずは、「泣くな研修医 最終回」と題してブログを更新し、「泣くな研修医 最終回 ご視聴頂きありがとうございました!」と白濱ら研修医チームと木南晴夏との5ショットともに感謝を述べた。


「研修医たちの成長、感じて頂けましたか?素敵な仲間と指導医に囲まれて、みんな自分がベストだと思う道を選ぶことができたのではないでしょうか」と触れながら、ファンや視聴者に向けて「皆様にも素敵な出会いと学びが溢れますように 応援ありがとうございました!」とメッセージを送った。


その後、更新したブログは「キャストの皆様のクランクアップの様子をどどーんと公開していきます」といい、トップバッターには「#仲良し山下家族」「#もう喧嘩しちゃダメよ」とハッシュタグを添えながら、木村昴、野村麻純、潤浩の“山下家”の3ショットを公開。


次は、「鴨下先生は、厳しくて面白くて素敵なキャラクターでしたね!」と鴨下先生役を演じた吉田ウーロン太を囲んだ外科チームとベテラン看護師・吉川文枝を演じた西尾まりの笑顔いっぱいの集合ショットや、「隆治と放射線科の絡みはいつも面白いシーンになってましたね」と白濱と恒松祐里とともに花束を抱えた放射線科の藤堂先生役の山口智充と長井先生役の長田成哉の4ショット、「フレッシュなおふたりさま!スピンオフもお楽しみに」とクリクラ生の関和樹役の大平修蔵、石川綾役の長見玲亜のクランクアップショット、「研修医たちを優しく厳しく指導して下さったおふたり!」と西尾まり、相澤千夏役の奥山かずさを研修医チームと木南が囲んだ笑顔溢れる7ショットを公開した。


また、“研修医”を演じた4人のクランクアップショットは「仲良しな研修医チームのお兄ちゃん的存在の柄本さん」と滝谷すばる役を演じ、お兄ちゃん的存在だったという柄本時生を真ん中に、白濱、野村周平、恒松の仲良し4ショット、「くるみと同じく紅一点で、くるみとは違って、笑 いつも明るくて元気いっぱいで、太陽みたいなお方の恒松さん」と満面な笑みで大きな花束を抱えた中園くるみ役の恒松と白濱の2ショット、「現場のムードメーカー野村さん!みんなを巻き込んでいつも明るい現場を作ってくれました」と川村蒼役の野村と白濱の2ショットや、「我らが座長、 白濱亜嵐 さん!!!どんな時も明るくて、どんな時もスタッフにも気さくで 、どんな時も筋肉談義で盛り上がりw」と白濱の筋肉エピソード?も添えながら白濱の爽やかなクランクアップショットを公開。「本当に素敵な現場を作ってくださいました 隆治が亜嵐さんでよかったです」とコメントした。


最後は「最初、怖いイメージが強かった」という佐藤玲役の木南のクランクアップショット。「回が進むにつれて魅力が沢山出てきて、いまではファンが沢山いる素敵なキャラクターになりましたね」と触れながら、「木南さん…流石ですっっ」とブログを締めくくった。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)