『リコカツ』クランクアップショット公開、お茶目な永山瑛太の姿も

TV 公開日:2021/06/24 195
この記事を
クリップ

6月18日に最終回を迎えた女優の北川景子が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』が23日、アメーバオフィシャルブログを更新。北川と俳優の高橋光臣、俳優の白洲迅のクランクアップショットを公開した。



『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)と、永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)が、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、「リコカツ」を進めていく姿を描いたオリジナルストーリー。


「水無月先生のクランクアップ」「懐かしいなあ…」と題して更新したブログ。それぞれ、「山田幸男さんの正体気づきましたか?最後はスタジオセットでの撮影でした」と水無月連先生を演じる白洲のクランクアップショットや、「貴也さんも咲さんと紘一さんのこれからの結婚生活応援していましたね」「貴也さんと紘一さんがジムで 偶然会って知り合ったりとか懐かしいなあ」と振り返りながら、大きな花束を抱えて並ぶ北川と高橋のクランクアップショットを公開。


また、翌日に「リコカツが終わってしまって」と題して更新したブログでは、「最終回でRAB表情が変わっているの気づきましたか リコカツ が終わってしまって 泣いているRABちゃん」とうさぎのぬいぐるみについて触れながら、爽やかな笑顔の高橋、花束を抱えた白洲、美しく微笑む北川、目をつぶりお茶目な表情の永山が並ぶ4人のオフショットとともに「4人のかけあいお楽しみいただけましたか?」と問いかけながらブログを締めくくった。


これらの投稿にファンからは「水無月先生…あっ山田幸男さんお疲れ様でしたっ!」「前髪から覗くかわいい目に癒されていました」「『運命は自分で切り開くものだ!』ですもんね 水無月先生ありがとう」「貴也さんにもステキな人が現れることを願ってます」「最高に楽しくてハートフル」「家族とは愛するとは。。。どうゆうことか、再認識いたしました!」などの声や、「ロスだな~」「なんだかもうおわり悲しい」「必ず続編を見せてほしいな~」「続編期待します!!」「ずっとリコカツロス」「スペシャルやってくれること信じて待ってますからね!」と続編を熱望する声が相次いでいる。


【画像】北川景子&永山瑛太 怒り&とぼけ顔2ショット

【画像】永山瑛太 “待ち時間も楽しいひとときにしてしまう”オフショット


▼最終話!(「今週の紘一さん」もラスト)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)