高岡早紀&内田理央、男性を惑わす “本気のドッキリ”美しさのあまり男性陣は…

TV 公開日:2021/06/18 5
この記事を
クリップ

2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送され、「この女、怖すぎてヤバい!」とTwitterでのトレンド入りが続出し、大きな話題となった連続ドラマ『リカ』。そして「またしても怖いのに突っ込みどころ満載!」と、その中毒性にハマる人が続出したエピソード0にあたる『リカ~リバース~』に続き公開される映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が、6月18日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される。


この度、主演の高岡早紀&共演の内田理央が、フジテレビ系『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』の6月19日放送回にドッキリ仕掛け人として出演する。


【画像多数】サブカル好き内田理央、SNSの発達で時代は「普通になることを頑張らなくていい」

原作は第2回ホラーサスペンス大賞を受賞し、累計65万部を突破した五十嵐貴久の超人気サイコスリラー小説『リカ』シリーズの「リターン」。主演は、ドラマに続き“美しき魔性”高岡早紀。衝撃的なセリフ、誰もが目を奪われてしまう振り切った演技で『リカ』ワールドへ引き込んでいく。幼い頃から愛に恵まれなかったリカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。その狂気の愛のたどり着く先は――。

フジテレビ系列で放送中の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』は、これまで「一方的に“ドッキリを仕掛けられる”側」だった芸能人たちが「“ドッキリを考える”側になる」という、これまでありそうでなかったコンセプトが人気のドッキリ番組。

今回、映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』から高岡早紀と内田理央が仕掛人として初参戦したのは、“もしも隣の席の女性が「自分の事を好き」と言っていたら…イケメンアピールはつづくよ どこまでも”というドッキリ。高岡・内田の楽し気な会話から聞こえてきたのは、まさかの自分に憧れているという驚きの事実。そんなときターゲットは、二人に対してどんなアピールをするのか?テレビの前では決して見せない恥ずかしい一面がのぞき見出来てしまう。

愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない、サイコな“純愛モンスター”リカを演じる魔性の女優・高岡早紀と、劇中ではリカと対峙する刑事を演じた内田理央がタッグを組んで迎え撃つターゲットは、お笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志と相席スタートの山添寛、そしてM-1グランプリ2020の決勝に進出し今飛ぶ鳥を落とす勢いの錦鯉・長谷川雅紀の3人。

声をかけたくてもかけられない…!ひたすら地味にアピールを繰り返したり、思い切り鼻の下を伸ばしてガンガン熱視線を送ったり…とそのリアクションは三者三様。その美しさと女優ならではの抜群の演技力で、本気でドッキリを仕掛ける最強の刺客に対しどんな行動を見せるのか!?放送は、6月19日(土)19 : 00 ~ 21 : 00の2時間スペシャルにて。


▼関連インタビュー


■映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』

6月18日(金)より TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:高岡早紀 / 市原隼人 内田理央 尾美としのり マギー 佐々木希
配給:ハピネットファントム・スタジオ

(C)2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。