中川大志 新木優子 菊池風磨、二度と見る事ができない!?激レアショット公開

TV 公開日:2021/06/17 5
この記事を
クリップ

2021年7月夏、読売テレビが2本のオリジナルドラマを制作。中川大志・新木優子による日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(7月4日よる10時30分スタート)は、最高に“間が悪い”殺し屋と秘密を抱える暗殺ターゲットの大人気漫画家が出会って繰り広げられる、殺意と恋が入り混じったスリリング・ラブコメディ。

【関連】中川大志、主演ドラマへ向け体づくりに励む「脱ぐシーンがあるという噂も…」



一方の、渡辺大知・菊池風磨・アイクぬわらの3人が主演を務める『イタイケに恋して』(7月1日よる11時59分スタート)は、ちょっとイタいけどちょっとカワイイ男子3人が恋のキューピッドとして大奮闘する“イタきゅん”ラブコメディ。どちらも「恋」を軸にしながら、今までにないワクワクするような物語が展開される。


2ドラマの放送開始を前に、都内スタジオにて行われた『最高の最下位』(読売テレビ・日本テレビ系/6月17日よる9時から放送)の収録に『ボクの殺意が恋をした』から中川大志、新木優子、『イタイケに恋して』から菊池風磨がゲストとして出演。その場で、7月から始まるお互いのドラマのエール交換として、豪華3Sの写真撮影が行われた。

それぞれの作品の中で“最高に間が悪い殺し屋”“クールビューティーな人気漫画家”そして“すぐ人を好きになり、本気で告白してしまう売れない劇団俳優”と、エッジが効いた癖のある役どころを演じる3人。

この3人が並ぶ写真は二度と見る事ができない(かもしれない)激レアショット。そんな貴重な写真が公開された。


(C)読売テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。