『リコカツ』北川景子&永山瑛太のウエディングショットが「絵画のよう」と話題

TV 公開日:2021/06/11 42
この記事を
クリップ

女優の北川景子が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜よる10時)が11日、アメーバオフィシャルブログを更新。北川と共演する永山瑛太の“ウエディングショット”を公開し、ファンから「絵画のよう」「美男美女」と話題を呼んでいる。



『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。


主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)と、永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)が、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、「リコカツ」を進めていく姿を描いたオリジナルストーリー。


第9話放送日。更新したブログは「(祝)公式Twitter5万人突破!Twitterもフォローしてくださっている方ありがとうございます」とフォロワーが5万人を突破したことを感謝。続けて、「突破を記念して、ウェディングフォトの全身Verを!2人の結婚式懐かしいなあ~」とウエディングドレス姿の北川と正装姿の永山の“ウエディングショット”を公開した。


この投稿にファンからは「本当素敵な2人」「ほんと素敵すぎて見惚れてしまいます・・・」「美しいお2人は絵画のよう」「美男美女」「景子ちゃん美しいすぎるー瑛太さんカッコよすぎるー」や、「2人の仲良しシーンがもっともっと見たいよぉ~」「どうかもう一度この写真に戻って欲しい」「お互いを想いながらもすれ違っても、最後はハッピーエンドになりますように」「相手の幸せを想いあえる2人だからこそ、ハッピーエンドでお願いします」などの声も多く寄せられている。


『リコカツ』第9話は、6月11日(金)よる10時放送。咲(北川)と紘一(永山)は、互いの幸せを願うあまり本音を隠して再び別れた。そして咲は、紘一との思い出が詰まった共有名義のマンションを売ることを決意。貴也(高橋光臣)にマンション売却の一切を委ね、依頼を受けた貴也は水戸の緒原家に紘一を訪ねる。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)