増田貴久、“兄貴” 唐沢寿明から掛けられた言葉に感激「嬉しかったですね」

TV 公開日:2021/06/04 12
この記事を
クリップ

2021年7月10日スタートの日本テレビ系・新土曜ドラマ『ボイスⅡ 110緊急指令室』で、石川透役の増田貴久がクランクインした。



このドラマは、2019年7月から放送され、「この夏イチバンの恐怖」と話題になり、大ヒットを記録した『ボイス 110緊急指令室』の第2弾。緊急指令室「ECU」を舞台に、主演の敏腕刑事・樋口彰吾役に唐沢寿明、緊急指令室(ECU)の室長で、どんな微かな音でも聞き分けることができるボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役に真木よう子。彼らの使命は、通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。まさに一瞬たりとも目が離せないタイムリミットサスペンスだ。


『ボイスⅡ』で主演の樋口彰吾役、唐沢寿明とバディを組む、「透ちゃん」こと石川透役の増田貴久がクランクインした。初日から“兄貴”とのアクションシーンの連続で、2年ぶりとは思えない息の合った演技を見せ、「ボイス」の兄貴&透ちゃんが完全復活。前回と同じスタッフも多く、「スッと現場に入れました」と話した増田。

【関連】増田貴久「短くして“シュッ”としました」ファン待望“黒髪刑事”が帰ってくる『ボイスⅡ』


唐沢から、出会うなり「お前、また身体を絞ったな」と話しかけられ、前回も引き締まった身体で撮影に臨んでいたのを覚えてもらっていたことに感激したという。撮影の合間には、今回の石川透の役作りについてアドバイスもしてもらえたそうで「嬉しかったですね」と“兄貴”への信頼は揺るがない。「兄貴と透の関係性も、より深くなっていると思います」と力強く話した増田。

2年の時を経て、増田の演技にもどんな変化がみられるのか、今回も「透ちゃん」から目が離せない。

<増田貴久 コメント>

2年ぶりの撮影でしたが、ずっと「Ⅱ」があると思って2年間を過ごしてきたので、もう一度、石川透役を一から作るという感覚はなかったです。ほとんどのスタッフさんが同じだったので、「お久しぶりです!変わってないですねー!」なんて話しながら、スッと現場に入れました。ただ、前回の「ボイス」の時に、5~6kg体重を落として透を演じたので、やはり透のイメージ、その時のスタイルに戻して撮影に臨みたいという思いはありました。体重は計っていませんが(笑)
唐沢さんとのシーンでしたが、前回の「ボイス」が終わってから、さすがにここ1年はないですが、何十回もご飯に連れていっていただいたので、兄貴と透の関係性も、より深くなっていると思います。唐沢さんは、「お前、また身体を絞ったな」と気付いて下さって、前回の時も、身体作りや食べ物のことなどを常に気にかけていただきました。今日も「ちゃんと身体作りをやっているんだな」「やっています!」など会話をしながら、今回の石川透の役作りにおいて、透の罪の意識、心の葛藤などについて、いろいろと話して下さって嬉しかったですね。今回も台本を読んで、改めて面白いなと思いました。僕自身が「ボイス」の大ファンなんです。そして「ボイス」ファンの皆さまがいたからこそ「Ⅱ」につながったと思うので、その期待に応えられるような作品になるように頑張ります。皆さん、前回とは違う恐怖を感じると思いますよ!

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。