宮藤官九郎脚本『ごめんね青春!』Paraviで初配信、生徒役には重岡大毅ら今大活躍の面々

TV 公開日:2021/06/01 15
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi」では、7月にスタートする金曜ドラマ『#家族募集します』の放送を記念して、錦戸亮×宮藤官九郎がタッグを組み、2014年に放送されたドラマ『ごめんね青春!』を、6月4日(金)よる10時54分から配信することが決定した。『ごめんね青春!』 がParaviで配信されるのは今回が初となる。




2014年10月期に放送された『ごめんね青春!』は、宮藤官九郎脚本の「学園もの」で、テーマは「青春」、そして「愛情」。いじめや不登校などなく、トイレでお弁当を食べる生徒や大金持ち、超ビンボー学生も出てこない。閉塞感漂うことなく、明るく楽しい「理想郷のような学園生活」を描いている。重岡大毅がTBS連続ドラマ初出演となった作品。 


主人公の仏教系男子校で教師をする、ごく普通の感覚の持ち主・原平助を演じたのは錦戸亮。ヒロインには、多彩な演技で輝きを放つ女優・満島ひかり。2人を取り巻く共演者には、斉藤由貴、森下愛子、えなりかずき、坂井真紀、生瀬勝久、風間杜夫など豪華な顔ぶれが集結した。さらに、平助の高校時代の親友役の永山絢斗や、平助の初恋の女性を演じた波瑠、そして生徒役の重岡大毅、トリンドル玲奈、川栄李奈、白洲迅、黒島結菜、森川葵、小関裕太、竜星涼など、今ではドラマや映画、バラエティ番組などで大活躍している面々も出演。当時のフレッシュな演技にも注目だ。


物語の舞台は静岡県三島市。仏教系男子校とカトリック系女子校の間に合併話が持ち上がって大騒動になるというストーリーが放送当時大好評を博し、三島市のご当地キャラクター“みしまるくん”や地元の足である伊豆箱根鉄道“いずっぱこ”、“みしまコロッケ”なども話題となった。


再放送や配信のリクエストも多く、ギャラクシー賞月間賞も受賞した。



7月にスタートする金曜ドラマ『#家族募集します』はオリジナルストーリー、それぞれに悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマだ。主演を務めるのは、GP帯連続ドラマ初主演の重岡大毅(ジャニーズWEST)。ヒロインは木村文乃、共演に仲野太賀、岸井ゆきのという豪華俳優陣が出演する。


主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになったばかり。5歳のひとり息子の子育てに苦戦する中、偶然再会した幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)がお節介な思いつきでSNSに投稿した「#家族募集します」という突飛な募集に巻き込まれてしまう。蒼介は自身が働く古びたお好み焼き屋「にじや」を立て直すため、「にじや」の2階の空き物件で共同生活をして家賃収入を得ようと考えていたのだ。そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、「#家族募集します」のSNS投稿をきっかけに、ちょっと堅物な小学校教師のシングルマザー・桃田礼(木村文乃)と、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)と出会い、大人4人+子ども3人でひとつ屋根の下で暮らすことに。性格も価値観もバラバラな7人がどのようにして“家族”になっていくのか。一風変わった同居生活を通して、新しい“家族のカタチ”をお届けする。


脚本は、ドラマ『山田太郎ものがたり』(2007年)、『カンナさーん!』(2017年)などを手掛けたマギー。オリジナル脚本で、“家族とは何か”“家族といる時間の大切さ”をハートフルに描く。


■『ごめんね青春!』配信概要
タイトル:『ごめんね青春!』(2014)
配信日時:2021年6月4日(金)よる10時54分

©TBS


※本記事は掲載時点の情報です。