『リコカツ』貴重な3ショットに反響「スネてる紘一さんが可愛すぎる」

TV 公開日:2021/05/28 22
この記事を
クリップ

女優の北川景子が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜よる10時)が28日、アメーバオフィシャルブログを更新。北川と俳優の永山瑛太、白洲迅の第6話(5月21日放送)のオフショットを初公開した。



『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。


主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)と、永山演じる緒原紘一(おばら・こういち)が、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、「リコカツ」を進めていく姿を描いたオリジナルストーリー。白洲は、ネットで小説を発表して有名になった人気恋愛小説家・水無月連(みなづき・れん)を演じる。わがままで毒舌家。恋愛のカリスマと呼ばれているが、愛なんてこの世にはないと思っているという役どころ。


北川と白洲のオフショット公開後、更新したブログは「水無月(白洲迅 )先生の「どうも、間男で~す」シーンのオフショット」といい、いじけている表情の紘一(永山)、うさぎのクッションを持ち笑顔の咲(北川)、紘一をにらむ!?“間男”こと水無月先生(白洲)が並んでソファに座っている初の3ショットを公開した。


紘一と水無月先生の表情について「何故この表情なのかは…もう一度6話をみてくれたら!」と呼びかけながら、「さあ、いよいよリコカツ 第7話!」とブログを締めくくった。


この投稿にファンからは「名シーン」「この後、あんなせつないシーンが来るとは思いませんでした」「3ショット最高」「スネてる紘一さんが可愛すぎる件」「貴重な3ショット」「2人ともまだ結婚指輪をしてるーそれだけで泣けてくる・・・」「いじけた表情の紘一さん、最高ーっ!!!」「時よ、この時に戻ってーーーーーーーーーーーっ!!!」「今日は咲さんの、紘一さんの笑顔が見れますように」などの声が寄せられている。


『リコカツ』第7話は、5月28日(金)よる10時放送。咲と紘一は、互いを思いながらも離婚を選択。別々に生きていくことを決める。翌朝、咲は武史(平田満)、美土里(三石琴乃)らを自宅に呼んで、紘一と離婚したことを報告。そこに正(酒向芳)と薫(宮崎美子)が、紘一と共にやって来て、咲たちに三人で頭を下げる。


▼先週のリコカツ



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)