中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』最終回、絶望からの癒しのメッセージ

TV 公開日:2021/05/24 32
この記事を
クリップ

最終話ゲスト コメント


■市毛良枝(たこの妻・幸子 役)

世界観ができているので、はてどうすれば?と思いましたが、レギュラーキャストの皆さんの雰囲気で自然になじむことができ、やや不思議な幸子さんの人生を、おかげさまでなんとか演じることができました。


■宮野陽名(マコ 役)

マコはこの物語の中で1番視聴者に近い存在だと思います。青山さんの珈琲に対する想いを聞き、マコとしてぐっとくるものがあり、「このお話は忘れたくない」と思いました。そして、青山さんの移動珈琲に出会えてよかったです。


■前田旺志郎(若いたこ 役)

たこさんは言葉遣いが独特で、普段自分が話す言葉とは全く違う言葉を使います。そのギャップの中での表現に最初は苦戦しましたが、演じるうちに徐々に楽しめるようになりました。光石研さんが演じるたこさんに繋がるよう精一杯やりましたので、皆さま是非観てください。


■森迫永依(若い幸子 役)

ドラマ化されると聞きすごく楽しみにしていた作品なので、出演の機会を頂けて、しかも大事な最終話なんて、本当に光栄です。さっちゃんとタコさんの素敵な温かい想い出をしっかりと皆さんにも伝えたいと思いながら前田さんと演じさせていただきました。幸せな2人の気持ちが伝われば嬉しいです。


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 28件)