中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』最終回、絶望からの癒しのメッセージ

TV 公開日:2021/05/24 29
この記事を
クリップ

「まさかこんな展開になるとは…」。当初、中村倫也が柔和な笑顔で「珈琲いかがでしょう?」と問いかける映像を観て、月曜の夜に癒しのドラマが始まったと思った方も少なくないだろう。しかしドラマ後半、中村演じる主人公・青山の過去が明らかになるにつれ、暴力シーンは増え、ショッキングな展開へ。青山はかつて自分が在籍していた暴力団の三代目“ぼっちゃん”(宮世琉弥)に捕えられ、おまけに青山の珈琲のファンである垣根(夏帆)と青山をアニキと慕うぺい(磯村勇斗)まで巻き込まれているという事態。ではこのドラマ、癒しのドラマではなかったのか…?“幸せを運ぶ移動珈琲物語”では…?



青山(中村倫也)の言葉を少し思い出してみたい。ドラマ前半での青山のセリフ。


「全員に通じるものって案外つまらないものかもしれないなぁ。だれかにとっての特別であればそれがいいです。」(第1話)


「例えあれをもっていなかったとしても、しがみついて何かをできる人は、それに匹敵する何かを得る事ができるのではないでしょうか。」(第2話)


「関わっても関わんなくても同じなんだったら、関わっておいた方がいいんじゃねーかって思うようになっただけだ。」(第4話)


そして、たこ(光石研)の言葉。


「ゴミでも丁寧に磨けば大抵のものはなんとかなる」(第6話)


「できっこないって思ってるうちは、そりゃ無理だよ。だけど、ちょっとした加減で、変わってくるんだよ。珈琲の味も人間も。」(第6話)


どの言葉も、もともと何かを持っていなくても、マイナスからの始まりであっても、ほんの少しの心がけや感じ方の違いで、未来は変えられる。幸せは感じられる。でもその幸せは、決して特別なことではなくて、いつもは入らないカレー屋で食べるカレーが美味しかったり、「根っこがちゃんとしてないとダメなんだ」と気づいたり、壊れていたエスプレッソマシーンが直って部屋を片付けたり、ありのままを受け入れたり、今ある幸せを再確認したり、大切な人の死を受け入れたり、好きな珈琲を飲んで穏やかなひと時を過ごしたり…。そんな、ささやかな変化を大事に伝えてくれているように感じる。青山の過去がダークであればあるほど、過去の絶望が深ければ深いほど、青山の珈琲を飲んで、「私にとって青山さんの珈琲は特別な珈琲です!」という垣根の言葉は輝く。


いよいよ、今夜最終回。じっくり丁寧に味わいたい。


【画像】最終話カットを見る(全27枚)


▶最終話ゲストコメントはこちら

▶最終話あらすじを読みたい方はこちら


▼先週の第7話についてはこちら(第1話を思い出す…)

中村倫也主演『珈琲いかがでしょう』壮絶な過去の回収にゾクッ、何層も重なる味わい



1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 28件)