北川景子、『リコカツ』“恋愛のカリスマ”とのオフショットに反響「美男美女」

TV 公開日:2021/05/21 20
この記事を
クリップ

北川景子が主演、永山瑛太が夫婦役で共演するTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜よる10時)が21日、アメーバオフィシャルブログを更新。北川と俳優の白洲迅のオフショットを公開した。



『リコカツ』は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「離婚活動=リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。


主演を務めるのは金曜ドラマ枠への出演が10年ぶりとなる北川。北川が演じるのはファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲(みずぐち・さき)と、永山瑛太演じる緒原紘一(おばら・こういち)が、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚。幸せな新婚生活が始まると思われたのだが、価値観の違いから新婚早々にもかかわらず離婚を決意し、「リコカツ」を進めていく姿を描いたオリジナルストーリー。白洲迅は、ネットで小説を発表して有名になった人気恋愛小説家・水無月連(みなづき・れん)を演じる。わがままで毒舌家。恋愛のカリスマと呼ばれているが、愛なんてこの世にはないと思っているという役どころ。


第6話放送前に更新したブログ。「6話のとあるシーンでの咲(北川景子)さんと水無月(白洲迅)先生のオフショット」と、北川と白洲がソファで並んで座る2ショットを公開した。


この投稿にファンからは「素敵!!」「やばっ!!特に景子ちゃんの可愛らしさ爆発してる!」「美男美女」「可愛くてカッコイイ」「はぁ~目の保養~」「可愛い×可愛い=たまらん」などの声や、「金曜はリコカツの日」「予告だけでもワクワクドキドキが止まらない」「必ず観るー!!」「早く続きがみたい」「気になる!!」「第6話が楽しみー!!」とドラマへの期待の声が寄せられている。


『リコカツ』第6話は、5月21日(金)よる10時放送。咲と紘一は互いを愛しく思いながらもすれ違い、ついに離婚届に判を押す。 咲が心を込めてリノベーションした新居も、新婚夫婦に引き渡すことで話が決まり、二人での生活も残りわずか。咲と紘一は、夫婦としてではなく他人として同居生活を始めることに。


▼前回の第5話

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)