堀未央奈、乃木坂46卒業後初主演作で悪女役 色気溢れる悪魔のような不倫妻に

TV 公開日:2021/05/20 13
この記事を
クリップ

集英社のコミック配信アプリ「マンガMee」での連載開始以降、同アプリの総合ランキングで常に上位にそのタイトルを輝かせ続けている、セモトちかの大人気“不倫”マンガ『サレタガワのブルー』。4万人以上の読者からの熱いエールを受け、本年3月に書籍化が決定し、5月には1、2巻が同時発売予定と勢いの止まらない人気作品のテレビドラマ化が決定した。


不倫を“スルガワ”、“サレタガワ”――誰もが羨む素敵な夫婦なはずだったのに、妻にはある秘密があった。なんと夫に隠れて不倫をしていたのだ…。サレタガワの夫が、絶賛不倫中の妻に罪を償わせるため動き出す。自分の欲望のためならどんなことでもやってのける“スルガワ”vs身勝手な不倫に傷つけられる“サレタガワ”。不倫に対する怒りと憎しみとイライラと、心のざわつきが止まらない新感覚不倫エンターテインメント作品だ。

主人公・田川暢役を務めるのは、『仮面ライダービルド』で主演を務め瞬く間に人気となり、竜星涼とのW主演で出演した『ぐらんぶる』での全身全霊、体当たりの演技で注目を集めた犬飼貴丈。2020年10月からYouTubeへの動画投稿を開始、イケメン俳優のイメージを覆す世界観と個性的な友人たちとのプライベートな会話をさらけ出す姿がたちまち話題となり、わずか半年でチャンネル登録者数13万人を超えるカリスマ性の持ち主。各所でその魅力を見せつけ活躍している犬飼が、不倫妻への復讐を誓いながらも優しさが滲み出てしまうTHE・良い人を、これまでの俳優経験から培った演技力で体現する。


暢の妻・田川藍子役を演じるのは、今年3月28日をもって乃木坂46を卒業した堀未央奈。2013年、グループに入りたての研究生であったにもかかわらず7thシングル『バレッタ』でセンターへの大抜擢を経てから、その人気は止まることを知らない。そんな堀未央奈がアイドル卒業後初主演を務める本作では、自分の欲望のためならどんなことでもやってのけ、不倫を悪いことだとすら思っていない怖いもの知らずの悪女を全力で演じる。清純派アイドルを卒業し、女優として、1人の女性として新たなスタート地点に立った堀未央奈が見せる、色気に溢れた悪魔のような不倫妻に乞うご期待。


【画像】怖いもの知らずの悪女を全力で演じる堀未央奈


スキャンダラスなストーリーを映像化するのは、独特の視点で映像を切り取り、観る者の想像を超えるものを創り出す、映像の奇才・スミス監督。関ジャニ∞や斉藤和義など、数々の有名アーティストのMVの演出を手掛けていることでその名を馳せているが、テレビドラマの世界でも活躍の場を広げている。人気マンガ『僕は麻理の中』の実写化や『下北沢ダイハード』などで監督を務めた実力派監督が“不倫された側の悲劇”を描く。脚本は、映画『私たちのハァハァ』などで知られ、テレビドラマ『コーヒー&バニラ』でもスミス監督とタッグを組んだ脚本家・舘そらみが担当した。

不倫スルガワの極悪非道な思考回路と、サレタガワの心の痛みや葛藤をリアルに描いた不倫エンターテインメント作品を、シリアスかつコミカルに映像化。果たしてサレタガワは苦しみを晴らせるのか?犬飼貴丈と堀未央奈が全力で繰り広げるどろどろの不倫劇。不倫にイライラ、展開にどきどきのストーリーに目が離せない。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)