中川大志、最高に“間が悪い”殺し屋に 地上波GP帯連ドラ初主演

TV 公開日:2021/05/08 12
この記事を
クリップ

2021年夏、日曜夜は最高に“間が悪い”殺し屋が、標的を殺すどころか恋しちゃう!?殺意と恋が入り混じる、スリリング・ラブコメディ『ボクの殺意が恋をした』がスタートする。主人公である、最高に“間が悪い”殺し屋“男虎柊”役には、地上波GP帯連ドラ初主演となる中川大志が決定した。


自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊。しかし、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する。そして主人公は用意周到に暗殺ターゲットの女・鳴宮美月に近づくが…殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに…!?恋に落ちてはいけない(落ちるはずもない)二人が、まさかの恋に…!?


そして暗殺ターゲットの女には他人には言えない【ある秘密】が。果たしてターゲットの女の正体&狙いとは?【殺し屋とターゲット】というロミオとジュリエット的な禁断の恋の行方は!?最高に“間が悪い”殺し屋は、“暗殺ターゲット”の女を殺すことができるのか?


イケメン恋愛ドラマだけでなく、シリアスな役柄からユーモアあふれるキャラクターまで数々の映画やドラマ、そしてコントにも。幅広く活躍する俳優・中川大志が、本作では能力抜群でイケメン!ピュアで真っ直ぐ!だけど最高に“間が悪く”ターゲットを殺すどころか、恋しちゃう殺し屋をどう演じるのか…放送をお楽しみに。


1/2ページ