『7.2新しい別の窓』草彅剛、タモリとの共演エピソードを告白

TV 公開日:2021/05/03 11
この記事を
クリップ

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾 3人によるSNSを本気で遊び倒す世界初の「SNSバラエティ」、月一回の7.2時間でお届けするレギュラー番組『7.2新しい別の窓 #38』(ABEMA)が5月2日、7.2時間にわたり生放送された。


5月2日の本放送回では、人気YouTuberの水溜りボンド、北の打ち師達、アバンティーズが登場。「ABEMA」で放送中の新番組『水溜りボンドの青春動画荘』に出演する水溜りボンドに対し、香取は「昨日の夜(番組を)見ました。
1話でやめるはずが2話まで見ちゃった(笑)番組を見ながら「(YouTubeって)そうなんだ」って勉強してました」とコメントし、水溜りボンドの2人を驚かせた。


コーナー内では、「過去にバズった動画」を見ながら、YouTuberならではのトークを展開。「思いのほかバズった企画は?」という質問では、水溜りボンドのカンタが、「チャーハン」と解答し、「食品サンプルのチャーハンをお店の方からお借りし、それで動画を撮影したら世界中でバズって、1000万再生くらいしました」と説明。すると、YouTubeチャンネルを持つ草彅も、「これがバズったって聞いて、僕も普通のチャーハンを作ったら、いつもより再生回数が伸びた」と説明し、スタジオを驚かせた。

さらに、スタジオには『水溜りボンドの青春動画荘』に出演する次世代YouTuberの8人が登場。次世代YouTuberからの質問タイムでは、「ライバルだと思っているYouTuberはいますか?」という質問に対し、草彅は「しんごちんかな…。同じ新しい地図のメンバーなので。やっぱり気になるかな」と回答。一方、草彅さんにライバルと言われた香取は「そうだな…。君たちかな(笑)」と、次世代YouTuberたちに答え、「君たちには絶対負けないからな!(笑)」と宣言し、スタジオの笑いを誘った。


続いてのコーナーでは、稲垣、草彅、香取と初対面となる落語家の立川志らくを迎え、本音でトークを展開する「ホンネトーク」を実施。話題は、3人が出演する映画の話になり、表現者として周りから持たれるイメージについて、稲垣は「僕らは“パブリックイメージ”みたいなものを持たれているけど、「実はこいつこうだろうな」というものを引っ張ってもらうことがあって。それは映画とかで多いですね。そうすると役の幅が広がっていきます」とコメント。続いて、志らくは草彅に対し、「『ミッドナイトスワン』のCMを最初に見た時に、“どこかで見たことがある、会ったことがある、だけど強烈に怖い”という印象を受けた。でも自分の記憶を思い返してみても会ったことはない。あれは自分の中にあるものなんですか?」と尋ねると、草彅は「監督が引き出してくれたんでしょうね。自分とはほど遠い感情や役だという気がしましたが、何か自分の中にありました。そう考えると、役とかって全部自分なのかな。自分の中にないものは演じきれないというか、自分でも気づかないけどこういう気持ちや感情はあるんだなと、皆さんが引き出してくれます」と語った。

3人の近況を振り返る「ななにーNEWS」では、草彅がタモリと久しぶりに共演したCMの話題に。草彅は、「久しぶりにお会いできてすごく嬉しかったです。タモリさんもお元気で、久しぶりだからなんかジーンとしちゃって。
一緒に仕事するのも久しぶりだったから。楽屋に挨拶に行ったら、タモリさんお蕎麦を食べていて「ここの蕎麦うまいんだよ、うまくしようとしていないところが良いんだよ」って(笑)タモさん本当ナイスだなって、1日本当に楽しかったです」とタモリとのエピソードを笑顔で語ると、香取と稲垣は「いいな~」とコメント。さらに、草彅が「2人にもよろしくって。慎吾と吾郎は何してるんだ?って言ってたよ」と語ると、香取は「言ってよ!それ」とうらやましそうに答えた。


番組の後半では、数々の作品に出演するレジェンド声優から、今を時めく注目声優をゲストに迎える「人気声優企画」を実施。本コーナーには、三ツ矢雄二をはじめ、山寺宏一、梶裕貴、石川由依、伊瀬茉莉也、武内駿輔ら人気声優が登場し、貴重な声優トークを繰り広げた。


香取が10代の頃に、アニメ『赤ずきんチャチャ』で共演していた三ツ矢は、「レギュラーで1年ほど一緒だったよね」と語り、「その頃(香取さんは)忙しすぎて寝る間も惜しんで仕事をしてたから、スタジオで本番まで寝てるんですよ。それで出番がきそうになると起こすんです。すると、パッと台本を持って前に行って、ピタリと当てるんですよ。「こいつは天才か!」「やっぱり選ばれし人間なんだ、アイドルは」と思いました」と、当時のエピソードを明かした。さらに、三ツ矢は稲垣について「吾郎ちゃんは覚えてるかどうかわからないけど」と切り出し、「「三ツ矢さんにちょっと話があるんだけど」って青山劇場の廊下の端に僕を連れて行って、「三ツ矢さんが僕のことを好きなのはわかってるけど、僕は三ツ矢さんのものだけじゃないからね」って(笑)」と、驚きのエピソードを告白。スタジオが盛り上がりを見せる中、稲垣は「思わせぶりな少年だったんでしょうね(笑)」と恥ずかしそうな表情で答え、笑いを誘った。

さらに、番組内では、稲垣、草彅、香取の3人が生アフレコに挑戦。その前に、梶裕貴と石川由依が本人役を務める『進撃の巨人』で生アフレコのお手本を披露すると、あまりの迫力にスタジオ中から「鳥肌が…」「凄すぎる」と
驚きの声と拍手が巻き起こった。その後、稲垣と草彅は『エヴァンゲリオン』の碇シンジ役に挑戦し、山寺が演じる加持リョウジとの名シーンを演じ、香取は『ルパン三世』のアフレコにも挑戦した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

この記事に関連するコメント

はるすぎ244 @harusugi_244 5月3日

『7.2新しい別の窓』草彅剛、タモリとの共演エピソードを告白 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/KvPBW0gVWg

けいけい @BxBoZYXXH1LwNBW 5月3日

『7.2新しい別の窓』草彅剛、タモリとの共演エピソードを告白 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! #ななにー #稲垣吾郎 #草彅剛 #香取慎吾 https://t.co/kAn0UXrL6V